No.1078883

【獣機特警K-9ⅡG】因果応報、人を嘲笑わば【交流】

Dr.Nさん

2021-12-06 00:02:37 投稿 / 全9ページ    総閲覧数:133   閲覧ユーザー数:125

テムナ「クソッ、なんやねんこのツイートは!」

ミウ「ホント悪趣味ったらありゃしないわ!」

昼過ぎ、ラミナ署署員食堂。

 

ミハエル「よう、お二人さん。なんか随分荒れてるみたいだけど、どうしたん?」

テムナ「どうもこうもないわ! 見てやこの写真付きのツイート!」

ミハエル「うん?」

judahlly @judahlly_jp きのう 19:30

 

おいおい、こんな時期に外で寝るとか、風邪を引いても知らんぞwwwww

ミハエル「なんだこれ? 人が倒れてるな。制服姿の警官も二人写ってるけど、ひょっとしてお前たち?」

ミウ「そ。昨日の夜、徒歩でパトロール中に道路に倒れている人を見つけてね、救急車呼んで、到着するまでこの人を介抱してたのよ」

テムナ「その様子を、野次馬の一人が面白がってツイートしたらしいんや!」

ミハエル「ひでえ話だな。人が倒れてるのを面白がるとか、悪趣味にも程があるぜ!」

ミウ「でしょでしょ!」

テムナ「あーマジムカつくわ! ん?」

ミウ「どうしたのテムナ?」

テムナ「見てみ、ツイートが更新されたわ」

judahlly @judahlly_jp たった今

 

今から仲間三人で焼肉パーティーでえーすwwww

ミウ「銀とピンクともう一人、豚型ファンガーの男が三人写ってるわね。自撮り棒よねこれ。どいつがjudahllyかしら?」

テムナ「まあ普通に考えれば、自撮り棒持った真ん中の眼鏡の奴やろな。でも後ろの車、黒塗りのエ□グランドとか、こいつらに相応しい車やで!」

ミウ「わたしたち今夜も寒空の街を徒歩パトロールだというのに、いいご身分だこと!」

ミハエル「まあまあ、気持ちは分かるけどさ、二人とも自分の仕事しようや、な?」

ミウ「あら、ミハエルさんにしては珍しくまともなこと言うじゃない」

テムナ「熱でもあるんとちゃうか自分?」

ミハエル「やかましいわ!!」

 

ところが。

夜、大通り。

 

ミウ「うー、さっぶ!」

テムナ「上になにか羽織ってきたらよかったな」

ミウ「でもそれなら警官って分からくなるしねえ」

 

キキーッ! ドーン!! ガラガラガラガラガシャーン!!!!!

 

ミウ「な、なに今の音!?」

テムナ「交通事故かいな!?」

通行人「あ、おまわりさん!」

ミウ「どうしました?」

通行人「そこの交差点で事故です! 信号無視して交差点に入ってきたエ□グランドが、大型トレーラーに横からすり潰されるみたいに!」

ミウ「分かりました。案内して下さい!」

テムナ「うわー、グッチャグチャやなー」

ミウ「早く救急車を! ってこの三人は!!」

テムナ「どないした?」

ミウ「数時間前にツイートしていたjudahllyとその仲間たちじゃないの!」

テムナ「あ、ホンマや! なんてことや…」

 

・・・・・・

翌日、ラミナ署署員食堂。

 

ミハエル「で、どうなったんだ?」

ミウ「一応救急車を呼んだわよ。無駄だとは分かってはいたけど、一応決まりだしね」

テムナ「あ」

ミウ「どうしたのテムナ?」

テムナ「タイムラインに昨日の事故の写真が流れてきたわ、写真付きで…」

ミウ「ホントだ。またあたしたちが写ってるし、これは救急車やパトカーが到着する前ね。またどこの野次馬かは知らないけど、何もこんなグロいのをツイートしなくてもねえ」

ミハエル「やれやれ、人が倒れてるのを面白がってツイートした奴が、今度は自分の無残な姿をツイートされたってか。とんだブーメランだな」

 

それ以来、アカウント「judahlly_jp」のツイッターが更新されることは二度と無かったという。

 

 

=END=

 

 

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択