No.1077766

前回の特に気になる部分の抜粋文章とその補足と考察・・・。について

H@さん

前回の特に気になる部分の抜粋文章とその補足と考察・・・。について書きます。

文章訓練中です。(=^・・^=)w

2021-11-22 02:06:00 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:31   閲覧ユーザー数:31

前回の特に気になる部分の抜粋文章とその補足と考察・・・。について書きます。

 

『私の名前は最初からベロゥが肩代わりをさせるためにホモアルバイト時代に知ったお金持ちの名前に似るようにつけたと思います。つまり元々そういう根性の男で子供が成長する前から子供に自分の理想のタイプの人身売買の支払金の肩代わりをさせるために産んだに違いないと思うのです。自分の名前は父の夢の中に出て来た女性の頭の上に出て来た文字でつけたそうですが、その夢も作り話カモしれないから・・・今ならそういう推理が出来るのです。またそんな不埒な男と付き合ってもその女性の将来もたかが知れているとは思いますよ。―多分誕生する前から子供に貢がせるのが当たり前と考える男だから交際者や結婚相手の女性に対してはもっと当然のようにそういう風に振舞うのに決まっていると思うからです―つまりベロは若い時、私がまだ生まれる前からずっとあるお金持ちの交際者や奥さんタイプが理想で欲しくてしかたなくてその事だけ考えて生きていた可能性が非常に濃厚であるという事です。実際前のアパートもベロゥが見つけた場所ですからマスマス怪しいですよね。つまり『富江・最終章~禁断の果実~』は、あの映画は実はホモ時代のベロゥだと思います。そしてそのベロゥが、女性に姿を変えて登場しているだけだと思うという事です。(ただし、あんなに綺麗じゃ無いけどねかなり美化していると思います、実際はもう一人の富江のお父さんの顔にベロゥは似ていると思います、そして同時にそのもう一人の富江のお父さんが15ジジの役回りでもきっとあると思います、やっと昔の恋人と再会できたというストーリー設定だと思います)⇒しかしその後実の娘の存在を利用して15ジジの奥さんとか彼女のタイプを全てもらおうとしていたと思うのです。―そもそも、ベロゥとは、家族愛など最初から全くない男であるという事をよく多くの人等が認識しておいて欲しいと現在自分は強く感じているのです―中卒のベロゥはそのやり方以外理想の女性と知り合って遊んだり一緒になる事が不可能だからそのように動いたのでしょう。またその行動は他の同じタイプで同じ境遇、学歴の仲間達にもしっかりと伝授されていてみな多分多くが同じ行動をとって成功を目指しているように思います。―ただし15ジジとしてはそんなつまんない自分勝手な企みのためのキッカケであったとしても昔ホモ関係だった可愛い小姓達、あるいはホモの同胞と再会したり仲間にまたなれる事が嬉しくて仕方なかったのでしょう、お金持ちの寂しさに付け込んだ非常に悪質な悪巧みだったと思います―』

 

『つまりあのもう一人の富江は15ジジの子供だと思うのです。・・・だから映画では女役のベロゥを倒せるとしたらこの子供しかいない・・って事だと思います。その事実を置き換えすり替えして巧みに隠ぺい工作して相当頭が良くないと真実が見えないようにした形であの映画作品がつくられたと思うのです。つまり富江という名前はあの映画作品の中では15ジジの恋人という共通点があるという事だと思います。でも大きな格差が血のつながりという点でハッキリと見えている状況だと思います。それ以上の事はちょっと憚られる点が多いのでここでは控えさせて頂きます。』

 

※さらに映画の中では、全て自分の利用目的の子供やライバルの女性が悪者に見えるようにストーリー展開が更生されているように思います。気のせいじゃ無かったら・・・。

 

※考察その1、過去にホモ関係だった二人が再会した時に自分等の過去の関係を周囲から邪推されたくないために予め、生まれた時からロクでもない役割を背負わせようとして陥れ続けていた子供を常に過去の懐かしいホモ相手の金持ちの傍に潜伏させるようにして全ての疑いと嫉妬をその子供や他の女性に向け続けていたと思います。そして、過去をヒタスラ隠しながら、陰で実権をジワジワと握ろうとしていた・・・と思うという事です。

 

◎『富江・最終章~禁断の果実~』という映画作品の内容も全てを最初から悪用の目的で産んだ子供とその他のめぼしい女性達のせいにしまくるつもりでつくられた完全にベロゥの味方の内容の作品のように思います。この映画の最大のテーマである“禁断”とは実はレズの事じゃ無くてそれは隠蔽工作で15ジジとベロゥの過去のホモ関係の事を意味している気がするのです。だから父親に対していつも冷たくて意地悪な自分を最終的に15ジジも毛嫌いするようになったとも言えるでしょう。

 

◎また、自分の子供を自分がもっと若い時ホモバイトで知り合ったお金持ちと知っている人物に対して最大の武器にするためにオリジナルの霊の召喚術を用いたりお金があれば何処かに依頼して娘の顔に憑依させていたような気もします。それはやっぱり、自分の子供が自分が狙っているお金持ちとより似ていた方が自分にとって都合が良いからでしょう。しかしその状況を破る方法も既に見つかっています。それは既にここで以前書いたけど、焦げ茶色の毛布に包まって寝る事ですね。人伴奏するだけですぐ顔が男っぽくなります。またソフトな顔に変えたい時はクリーム色の毛布に包まって寝るとすぐ顔立ちが変わりますよ。

 

※さらにある人にミヨジがちょっと似ているけど、“ハ”という名前の音がすごく気に入らないと虐めたりする事の真の原因もこれでやっと明白になった訳です。生まれる前から酷い役割を―最終的に周囲からよからぬ疑いをかけられる羽目になったという事についてここでは言っています―ベロゥに課せられていただけだと言うのに余計な問題で恨みを買う羽目になって本当にこれじゃ絶対に父親の事を金輪際、好きになる事は無理だと思います。―それにそもそもマジベロゥが決めた名前なので彼の事をまったく疑わずさらに敵視もせずに真っ先に母親の歯が全部無くなった事自体が非常に許されざる事実だとも言えると思いますよ―

 

※上記の真実についてはNUUROという光回線が大々的に出来た事によって、まずそうであるのに間違い無いという確信に至りました。

 

◎上記の問題と酷似している事は現在の皇室に対してもいえるのじゃないでしょうか?やっぱ血のつながりは―通常は(特殊なケースじゃない限り、普通は)―すごく強いと思われます。

 

※上記の事実についてはもしかしたら八木橋さんの霊が召喚されていて読心をしたのだったりして・・・と思うとちょっと怖いけど別に霊現象はありません。別の人の無言テレパシーかもしれません。あるいは作家さんとかお弟子さん、ゴーストライターなどの無言テレパシーかもですね。

 

◎自分が生まれた時点ではまだそのホモの相手に未練があったんでしょうね。もちろんそれはベロゥの事です。だからいづれは再会したいと思い、その時に自分の娘の名前が隠れ蓑になったり助けになってくれると良いと思ったのに違いないと思います。これが真実だと思います。前の家の場所もベロゥが決めたそうですしね。

 

◎そして多くの人々に告げます。「ベロゥとはこのように非常に性質的に毒が強い人間なので深入りしない方が賢明ですよ!」自分もいつもすぐにこのように瞬時に明確な推理と回答が出せる訳じゃ無いからこういう推理とか回答を出すのが瞬時にできるタイプじゃ無かったら簡単に深入りをしない方が良いですよ。良いように悪用されるだけなのがオチのように思いますよ。

 

※それにワゴンという車のタイトルからしてもうそういった関係を如実に指し示しているようなもんだと思いませんか?そして邪魔者って感じでうちの母は老人ホームに入ってしまったし・・・で。(本心は噂ほどNに対してまったく気が無いって事じゃ無いでしょうか?!)⇒好かれているのは分かっているし元々自分もすごく欲しくて狙っていたのでそれで家族のタイプまでライバル視してしつこくテレパシーを送って様子を探っているのかも・・・とふと思ったりしています。もちろんそれはベロゥタイプ達の事です。やっぱこういった問題は下手に関わると非常に事件性が高いように思うので触らぬ神に祟りなし・・・っていう風にするのがベストだと思いますね。・・・wつまり常にサラッと交わして深入りしない方が良いと思います。

 

◎そしてハボホテル内でやってんじゃない?現在の多摩マンホール保母事件は?!と思います。何度もテレパシーでしつこく引き入れている・・・って感じででも、本当にすごくムカついて危険視するとマンホールに・・・ってまた考える可能性もかなり濃厚なような気もしますよね。だからよくテレパシーを送って来る人のタイプがその犯罪の犯人になりやすいっていうかちょっと共通の性質を感じてすごく怖いと思うという事です。絶対にリアルで付き合いたいと思わない方が良いですよ。テレパシーがしつこい相手ほど。でも自分の名前を呼んでしつこく呼ぶやつらの方が超怪しいけどね。どっちにしても危険性は同じくらいあると思います。防御策はテレパシーで待ち合わせしてリアルで会う事は絶対にしない方が良いという事です。

 

◎マンホールの代りじゃ無いですか?要するに・・・ハボが・・・ここで、特にテレパシーで待ち合わせだけは絶対に止めた方が良いと思いますよ。しつこくいないとテレパシーを送って来てしつこくハボに呼ぶ人の中にマンホール事件の犯人やその仲間がいるかもしれないですよね。犯人の自慢話を聞いた事があってもヒタスラ庇って黙っているかもしれないですしね。さらにテレパシーを送ればすぐ黙ってハボに戻って来るようだったらそんなに酷い目に遭わせる事も無い・・・と思っていそうだと思います。そのように何処かで本物の犯人を説得していて「だからもう殺しだけはやめようよ!」と言っていたりしそうだからマジ背中がゾクッとして恐怖感が沸いて来る・・・という感じだと思います。

 

◎つまり犯人グループの方は「まだ何人かヤラナイト、いつ自分等の人間関係を破壊されるか分からない!」と裏で言っているのかもとすごくゾッとしますね。そしてそれを聞いた他のそこまでやる必要はないよ!と思っている人等が“ヒタスラハボに誘って外に出ないようにする!”というやり方を徹底しているように思うという事です。あまりに毎日何度もコマメにやるからそういう事が裏であるんじゃないかとやっぱり多摩マンホール事件の情報などをネットで知ると疑っちゃいますよね!!寝る間も惜しむ感じでこっちが寝ていてもそれを邪魔したり遮るようにしつこくテレパシーを送っているとどうしてもそのように思っちゃいますよね。―命がかっている問題で犯人が知り合いにいるけどすごく短気で過激な性格と分かっているからそれはもう必死でテレパシーをそのやり方は同じようによくないと思っている人等で組んでめぼしい人々に毎日コマメに送り続けているような気がするんですけどね―『僕とテレパシーの中だけでも仲が良いと知れば大丈夫だよ!!』と思っているのかもしれないですね、もしかしたら・・・―

 

※上記のような感じに絶対に疑われたくなかったらテレパシーをしつこく送るのは辞めた方が良いですよ。

 

※さらに何故テレパシーで待ち合わせして会っては駄目というかというとテレパシーは何処にもログが残らずウォッチャーしか聞き取る事が出来ず証拠がまったく残らないからです。たまたまそのウォッチャーがまともで正義感がある人だったら待ち合わせの内容のテレパシーをキャッチしていてその声の相手だったと思う人がその後その待ち合わせ時間以降に行方不明になったら信じる信じないは別でそのテレパシーの内容をすぐ警察に知らせると思います。が、超能力がある人が必ず品行方正で正義感が強いとは言い切れないし、同時にもしもその事が犯人にバレたら自分の身が危ないと思えば言わない恐れも高いと思います。なので、もしも万が一という事を真剣に考えて絶対にテレパシーで待ち合わせをしない方が良いと思うという事ですよ。テレパシーで待ち合わせをして会ってその後、もしも犯罪に遭遇した場合、何も証拠が無いから迷宮入りする恐れも非常に高いと思いますよ。・・・wやはり、すごく気を付けた方が良いですね。

 

◎さらに組み合わせは特に無いのに周囲がやたらある人物との交際を反対する理由は、その相手はおそらく既にかなり高い金額で誰かに指名をされているからだと思います。でもまだ上手く行ってないのだったら狙われている方もすごく困っているはずだから負けずに指名をしてみるのも一つの良い手だと思いますよ。

 

◎でもいくら先回りをして意地悪をしても、敵も頭が良い人等が沢山いるから再開発・・・とか言って仕事自体減らしたりするから結局思ったほどは稼げないと思うんですよ。なのでもっと大らかになった方が良いのかも・・・とは思いますけどね。


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択