No.1074634

アゴ男、二階ぞめき

江戸の紅葉の名所は二つ、岩倉具視(いわくらともみ)の墓がある品川鮫洲の海晏寺(かいあんじ)、吉原の裏正燈寺
(しょうとうじ)。お参りしてから吉原へと通う男性多かったようで、信仰心と煩悩の区別はつけていたようだ。
「素見(すけん)ぞめきは椋鳥(むくどり)の群つつ啄木鳥格子先(きつつきこうしざき)」
【長唄・教草吉原雀】
ぞめきは騒き、大勢で騒ぐことの意味。

続きを表示

2021-10-14 17:33:17 投稿 / 1024×877ピクセル

2021-10-14 17:33:17 投稿
総閲覧数:26 閲覧ユーザー数:25
1024×877ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
1
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択