No.1074249

【獣機特警K-9ⅡG】名警部ミハエルの事件簿?【交流】

Dr.Nさん

2021-10-10 17:47:00 投稿 / 全6ページ    総閲覧数:183   閲覧ユーザー数:175

立入禁止のロープが張られたラブホテルの前に、赤色灯を点滅させた5台のパトカーが停まっている。

そこに、更にパトカーが1台乗り付けた。

 

警官「あ、お疲れ様です警部!」(敬礼)

ミハエル「お疲れ。案内してくれ」

警官「はっ!」

ミハエル(モノローグ)「事件が起こったのは市内のとあるラブホテル。被害者は、水色の豚型セリアンスロゥピィの豚顔豚体型の中年男。ベッドの上で全裸の状態で麻のロープで縛られ、乳首にはイヤリングをつけられた状態で死んでいた」

警官「これが被害者の所持品から見つかった免許証です」

ミハエル「おう。うわ酒臭っ!! 仏さん相当呑んでんな」

ミハエル(モノローグ)「被害者は下呂露炉鹵賂50歳。果たして殺人か、それともSMプレイ中の事故か? ──なーんてなw この前の署長表彰の金一封はパトカーの修理費に消えたけど、今回も見事に事件を解決して、また金一封ゲットじゃあw ムフフフフw」

ミハエル「おっといけね」

警官「どうしました?」

ミハエル「署にスマホ忘れてきちまった。ちょっくら取りに行ってくるわ」

警官「行ってらっしゃいませ」

ラミナ署。

 

エルザ「よ、お疲れさん警部殿」

ミハエル「おう。ん、どうしたんだその白人さんは?」

白人男「ワタシ、下呂露炉鹵賂サンヲ死ナセテシマイマシター。ロープデキツク縛リ過ギマシター。ワタシヲ逮捕シテクダサーイ」

エルザ「ということだ。さっそく取り調べてやってくれ」

ミハエル「えー」(;´Д`)

 

 

=END=

 

 

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択