No.1072765

テーマ別に書きます。

H@さん

テーマ別に書きます。

文章訓練中です。( *´艸`)

2021-09-23 18:34:04 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:23   閲覧ユーザー数:23

テーマ別に書きます。

 

◎マジ、誰と付き合えとか指図されるのは本当に嫌だと思います。・・・モリタポさんみたいなタイプってマジ男好きで次から次へと男をつくり男がいない時期なんて無いタイプだと思うんですが、そういう人をしつこく勧めて来る事自体がおかしいと思うので、そういうおかしな態度をする人とは友達にも一切なりたく無いのです。つまり自分が普通に友達や交際をしたくて誘った時にすぐに断られたので悔しいから半強制的に刃傷沙汰に巻き込もうと必死になっているだけって感じなんですよね。すごい迷惑ですよ。そういうのは。断られたという事自体をすごく恥だと感じるような人々のいつもの陰謀だと思います。自分があっけなく断られて恥をかいたのと同じかそれ以上の恥を欠かせないと気が済まないから既に相手がいるような人ばかりしつこく勧めるのだと思いますから。最悪はこの人等は自分をあっけなく断った人のせいに何でもしながらその既に誰か交際者がいる人を奪い取ろうとしている可能性もあります。またその人等が不倫関係だった場合は、もしかしたらその不倫関係の本妻の人の子供の人等の陰謀もあるかもしれませんね。何となくそんな気も最近はして来ているのです。断られた悔しさから作品まで沢山つくっていると思います。ストロベリーパニックもそういう事が本当の意味合いかもしれないですよね。―だからあっけなく断られて失恋した悔しさで外見だけ自分のこの見そうなのを必死で探して来て勧めるけど実はその人は既に決まった相手(不倫の可能性も高いと思います)がいる・・・とかそういうすごく複雑で刃傷沙汰染みた関係ばかりしつこく押し付けようとして来ているように思います―あと同時に不倫関係でその相手が権力者だった場合はハーレムを持たせて煽てて良い仕事を沢山得ようとしている企みももちろんあると思います。

 

◎また『福岡美容師バラバラ殺人事件』、これは間違いなく償い関係を生むための一大事件だったと思います。どうしても加害者のタイプの紐に被害者タイプがなりたかったと思うんです。ちょうどその事件の頃からそういう計画が大々的に行われて来ていたと思われるのです。本当にただそれだけだと思うんです。自分に似た人が死ぬ形になっても良いから最終的には長期間にわたって加害者タイプの紐になりたかったんだと思いますよ。ベロゥ達の場合は交通事故止まりだけどこの陰謀者達の場合は自分に似ているタイプがバラバラ殺人されても構わないから加害者タイプの紐になってみたいと当時本気で思ったのでしょう。なのでこれは間違いなく計画的犯行だったと思います。また裏で黒魔術も関与しているような気がします。だって正気の沙汰でこんな内容の事件絶対に起こせないじゃないですか?!―つまり裏で魔法使い達が暗躍しているという意味です―正気の沙汰じゃ起こせない事件を引き起こすのは、特定の狙っているタイプの人物にちょっとやそっとじゃ稼げない金額を貢がせたいという計画があるからだと思います。―正に『肉を切らせて骨を切る』という戦法じゃ無いですか?―

 

※でももしかしたら上記の事件の真相は実は、「OUT 妻たちの犯罪」のドラマの内容みたいな真実もあったのでは?!けど犯人はいづれ出れると確信していたので―仲間がきっと刑務所の人を脅してくれて犯罪の内容の割にはすぐ出れると分かっていたような・・・―以外に涼しい顔だったのかも・・・とふと思ったりです。―それで秘密を守り通せばずっと入っていてもまた出た時にそこで稼げるようになると分かっていたのかもですよね。―つまり、他に犯罪仲間が明らかにいたんだけど秘密を守り通して自分だけが・・・ってのかもしれないという意味です―たった一人でいくらなんでもあんな事件起こせませんもんね。

 

◎ドラマ・「OUT 妻たちの犯罪」のあらすじ↓

 

深夜の弁当工場でパート勤務をしている主婦、雅子は、ろくに会話もない冷え切った家庭に嫌気がさしていた。仲のよいパート仲間たちも、それぞれの家庭に問題を抱えており、彼女たちや、とあることで知り合った女刑事、則子との他愛もないおしゃべりだけが楽しみの毎日を送っている。

 

ある日雅子は、パート仲間の弥生から、ギャンブルに狂い、暴力を繰り返す夫を殺してしまったと相談を受け、同じくパート仲間のヨシエ、邦子と共に死体を解体し、遺棄したことから、凶悪犯罪に巻き込まれていく。

 

◎ヒタスラ怨念のように狙う特定のタイプの紐になりたがる性質の人等って絶対にいますよ。何故ならどうしてもそうならなければ、今後よりいっそうの財産を築く事が不可能になるからだと思います。

 

◎いったん転寝してから深夜3時頃目が覚めました。明けて24日です。目覚める直前に頭の中でネェ男さんの「うっ」と何か言いたげな詰まったような声が聞こえました。おそらく悩んでいると思うんですが、この人の悩みと言うのはおそらく、あの福岡の「美容師バラバラ殺人事件」みたいに秋山のような性質の誰かに唆されたり騙されてスッカリ思い込んでしまって、まったくの白の人物をずっと疑っている・・・そういう性質にまず間違い無いな・・・と思います。多分あの事件の秋山が人にするような扱い(秋山とほとんど変わらない、あるいはまったく同様の手口の対応⇒本当に何かあったり付き合っている相手じゃ無くて、気に入らない、あるいはどうでも良い人の話が出た時に突然態度を豹変したり別れ話を出すような態度の事)をどっかの誰かに年中されている人(ホモ関係だと思います)・・・だと思います。―秋山みたいな人に対する扱いとは、「別に他に付き合っている人がいる訳じゃ無いけど、そろそろ別れたいと思っていたから、目についた誰か(多分何かが原因で気に入らなかったりどうでも良いと考えている人物)と何かあるフリを常にしている、真実は、まったくのシロであるというのに!」という意味です。さらにネェ男さんはその男性に冷たくされる度、自分やその他のメボシイ自分で勝手に決めているテレパシーフレンドにテレパシーを送りまくって憂さを晴らしている―ある意味当たり散らしている―のに違いないと思われるのです。


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択