No.1009745

【サイバ】子供たちの時間、夫婦の時間【交流】

Dr.Nさん

    モニカ https://www.tinami.com/view/752540
魔法ちょうちん https://www.tinami.com/view/738956
     真季 https://www.tinami.com/view/780803
      至 https://www.tinami.com/view/995686
     実花 https://www.tinami.com/view/1004657

続きを表示

2019-11-09 19:12:13 投稿 / 全8ページ    総閲覧数:87   閲覧ユーザー数:86

「(なるほどな。そう言うことだったら喜んで協力しようじゃないか)」

「ありがとうございます魔法ちょうちんさん」

ヴォルペ・ドゥエ2階の煌月家の居住スペース。

その浴室。

 

「(ほい、出来たぞ)」

「わあ、本当に広い! 凄いわね、空間拡張の魔法(https://www.tinami.com/view/895013 )って。これなら子供五人でも余裕で入れそう」

「(ま、俺にとっちゃ造作も無いことさ。あと一つ、風呂場が快適になる魔法も使っていいか?)」

「ええ、千里眼の魔法(https://www.tinami.com/view/823659 )以外なら」(にっこり)

「(…チッ)」

翌日。

 

「やほー、来たよディアナちゃん!」

「わーい、実花ちゃんも美季ちゃんもいらっしゃい!」

 

煌月家の玄関で、手を取り合って喜ぶ実花、美季、ディアナ。三人はクラスメイトで大の仲良しさんなのである。

「ソフィアお姉さん、クレアお姉さん、今日はよろしくお願いします!」

「お願いします!」

「こちらこそよろしくね」

「二人とも、自分の家だと思ってくつろいでいいのよ」

「「はいっ!」」

「本当にすみません、モニカさんにリクさん」

「いいえ、いいんですのよ」

「お二人とも、『リル☆ウルフ』の高視聴率社長表彰の旅行、楽しんできて下さいね」

「ありがとうございます」

「では、行ってまいります」

夜。

 

「「「「「ごちそうさまでしたー!」」」」」

「お粗末さまでした」

「あーおいしかった!」

「うん! イタリアン最高! ねえ、ディアナちゃんって、毎晩こんなごちそう食べてるの?」

「今日は特別よw お客様をお招きするから、パパとママが腕によりをかけたの」

「みんな」

「あ、ルチアおばあちゃん」

「お風呂が沸いたから、五人で一緒に入ってらっしゃい」

「「「「「はーい!」」」」」

 

・・・・・・

『GAME SET! WINNER TEAM L&L!!』

 

「「「「「いえーい!」」」」」(ハイタッチ)

「またまたあたしたちの勝利ー!」

「うん!」

「さ、次の対戦いこ、次!」

「はいはいはい」(パンパンパン)

「あ、ママ」

「いつまでネット対戦やってるの! もう10時よ、子供は寝る時間です!」

「はぁーい」

「じゃ、寝よっか?」

「そうね、寝ましょ」

「「「「「おやすみなさーい」」」」」

「はい、おやすみ」

同時刻、ホテルのスイートルーム。

 

「もう10時ね。あの子たち、もう寝ちゃったかしら? ちゃんといい子にしているかしら?」

「気になるの真季ちゃん?」

「そりゃ気になるわよ。至さんは気にならないの?」

「あの子たちだったら大丈夫さ」

「どうしてそんなことが言えるの?」

「だって、僕と真季ちゃんの子供だもの」

「ぷっw それもそうね。さ、もう1本開けましょうか」

「おいおい、まだ飲むのかい?」

「ええ、こんな機会めったに無いんですもの。今夜はとことん行くわよw」

「はいはい。お付き合いしますよお姫様w」

そしてひと月後、煌月家。

 

「お母さんっ!」

「どうしたのモニカ、そんな怖い顔して?」

「何なんですか、この薄いpdfは!!」

「薄いpdfは薄いpdfよ。いいじゃない、今回はヒロピンものじゃないんだし」

「そういう問題ではありませんっ!!」

「(いい! 実にいい!)」

「(だろ、茶トラぬい?)」

「(リトルカブズとリル☆ウルフのコラボ、想像していたのとは少々違ったが、こういったほのぼのキャッキャウフフ路線もいいよな!)」

「(ああ。しかし、天は二物も三物も与えるものだな)」

「(うん?)」

「(ルチアさんな、俺が教えた千里眼の魔法を一瞬でマスターしやがった)」

 

 

=END=

 

 

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択