No.1006434

ER509-1エクリプス

橘つかささん

コミティア130新刊予告

2019-10-06 21:25:30 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:68   閲覧ユーザー数:68

 

 砂のライヲン事件の約10年前。

 日本初のガイノイド達がEve Biotech Laboratoryで産声を上げた。

 ER50、ER55、ER60、ER65、ER70の全部で5体。

 EveRayシリーズと名付けられた彼女たち。形式番号はそれぞれの身長を表し、150センチから170センチまで。

 愛玩用の50、看護用の55、事務用の60、汎用の65、そして戦闘用の70。

 彼女たちは一般家庭や病院、警視庁や自衛隊に納品され、長きに渡りデータを集めた。

 それぞれの筐体に求められる役割とは何なのか。

 最も需要が大きかったのは意外にも愛玩用であるER50。

 最初に量産化が叶い、ER50が集めた各家庭でのデータ、愛玩用に求められるプログラムをチューニングされた、史上初の量産型愛玩用ガイノイド、ER501シリーズが誕生する。

 この時、ER501は1番機から10番機まで建造された。

 また、初の試みとしてオーダーメードを受注し、ER501をベースにしたER509というカスタムメイドガイノイドも建造された。

 基本価格が12億円のER501たち、それに3億円を上乗せして建造されるER509シリーズを購入できる人間はごく限られた人たちであった。

 砂のライヲン事件までの空白を埋める話が幕を開ける

 

 ER509-1エクリプス

 

 コミティア130より発表スタート(全6話予定)

 

 

2
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択