No.1005563

【獣機特警K-9ⅡG】宇宙に咲く仇花(2)【交流】

Dr.Nさん

古淵さんとのリレー小説後半。

スレイ https://www.tinami.com/view/553585
ストレィキャッツ海賊団の皆さん 他

2019-09-27 01:21:03 投稿 / 全3ページ    総閲覧数:450   閲覧ユーザー数:440

「衛星がロケットから切り離されました。軌道上への投入、成功した模様です」

「ブラッドファミリーめ、いったい何をたくらんでいるにゅ? ん、あれは何にゅ?」

「何か砲身のような物が伸びてきましたね…あっ!!」

 

バシュウッ!

バシュウッ!

バシュウッ!

 

「!?」

「衛星から地上に3回、ビームが発射されました!」

「大変ですキャプテン!」

「どうしたにゅ?」

「今の攻撃で、南洋上の3つの小島が、一瞬で跡形もなく消え去りました!」

「なんだって!?」

「静かですね。あれ以来、衛星は全く動きを見せていません」

「にゅ」

「今のうちに破壊しますかキャプテン?」

「そうだny

「キャプテン、通信です! 我がキャッツ・ネイル号に交信許可を求めています」

「よし、繋げにゅ」

 

アオイがボタンを押すと、一人の男がスクリーンに映し出された。

 

『やあ、ストレィキャッツ海賊団の皆さん、ご機嫌いかがかな?』

「お前はスレイ!!」

『皆さん、先程のショーは見ていただけましたかな?』

「見ないわけがないにゅ! 偵察衛星どころか攻撃用衛星だったとは! 今度は何をたくらんでいるにゅ!?」

『身代金だよ』

「身代金!?」

『先程の攻撃で、我々の狙い通り世界中が震え上がっているようだ。うちだけは助けて下さいと、既にA国とB国とC国が自国の身代金の支払いを申し出ている。俺は約束は守るからな、これらは攻撃の対象から除外することにする』

「なんだ、スレイって意外といい人じゃん」

「何のんきなこと言ってるにゅ! 身代金を支払った国が攻撃対象から外されたと大々的にアピールされたらどうなると思うにゅ?」

「次から次へと支払いを申し出る国が出て…」

「身代金がザックザク、ブラッドファミリーの思うつぼってわけか!」

『その通り! キエーッハッハッハ!!』

「そうはさせないにゅ! こうなったら叩き落としてやるにゅ! 波動砲準備!」

「ラジャー!」

「目標、ブラッドファミリーの攻撃用衛星!」

「目標、ブラッドファミリーの攻撃用衛星! ターゲットロックオン開始します! 距離よし! 角度よし! ターゲットロックオン完了!」

「エネルギーチャージ開始! 10%…20%…50%…80%…90%…100%!!」

「撃てにゅー!!」

 

バシュウーーーーッッッ!!!

 

「波動砲、ターゲットへの命中確認しました!」

「やったにゅ、ザマーミロだにゅ!! なっ!?」

「大変ですキャプテン、衛星は傷一つ負ってません!」

『お前らの手の内なんかとっくにお見通しさ! そんなへなちょこ波動砲如きでこの衛星が破壊できるとでも思ったか?www さあて、次のターゲットは、身代金の支払いを真っ先に拒否してきたD国だ』

「D国!?」

『発射準備開始! ターゲット、D国大統領官邸!』

「おい、やめろにゅ!!」

『撃てーっ!!』

「やめろぉーーーーっ!!」

 

バシュウッ!!

 

「D国大統領官邸及びD国全土の消滅、確認しました…」

「なんてことだにゅ…」

『さて、次はE国とF国だ。こいつらも支払いを拒否しやがったからな! こいつは弱小国のD国とは比べ物にならない超大国だ、騒ぎも桁違いだぜぇ、キエーッハッハッハ!!』

「やめるにゅ!! 頼むからもうやめてくれにゅ!!」

『やめるかよバーカ!! 発射準備開始!』

 

バシュッ!!

ドゴォーン!!

 

『「なっ!?」』

 

『大変ですスレイ様、わが衛星が一瞬で破壊されました!』

『そんなんもん見りゃ分かる! 何がどうなってるんだ!? クソッ、この決着は必ず付けるからな、覚えておけ!』

 

ブチッ。

 

「バーカバーカバーカ! おととい来やがれだにゅ!」

「しかしキャプテン、今のはいったい?」

「我々の波動砲でさえ効かなかったというのに、どこの誰が?」

「うむ。宇宙はまだまだ分からないことだらけにゅ」

「神様って本当にいるのかもしれませんね」

「神様…か」

「やったあ! ラスボス撃破! ファイナルステージクリアよ!」

「すごーい! あたしたち、全員この衛星にやられていたってのに」

「いいもん見せてもらったぜ!」

「フフンw これからはわたしのこと、ゲームの神様って呼んでちょうだいw あ、ネームエントリー画面だわ。えっと、 K I Z O M E っと」

 

 

=END=

 

 

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択