No.1004515

英雄伝説~灰の騎士の成り上がり~

soranoさん

外伝~大地の竜と終末の日~

2019-09-14 22:57:38 投稿 / 全2ページ    総閲覧数:1427   閲覧ユーザー数:1067

1月18日、同日AM9:00――――――

 

 

”巨イナル黄昏”が発動した翌日、帝国軍総司令官に地位を任命されたヴァンダイク元帥が戦車や機甲兵が集結しているドライケルス広場で演説を行っていた。

 

~エレボニア帝国・帝都ヘイムダル・ドライケルス広場~

 

「――――――言うまでもなく苦しい戦いになるだろう。過去、エレボニアが経験したどんな戦争とも比較にならぬほどに。」

ヴァンダイク元帥が重々しい口調で答えるとRF(ラインフォルトグループ)が開発した新型の戦艦――――――”ガルガンチュア”が一隻、数隻の軍用飛行艇を率いて帝都の上空に現れ、バルヘイム宮殿を背後に滞空し、その様子を帝都の市民達は驚いた様子で見守っていた。

「だが、始めるからには帝国軍の総力と最善の戦略をもって当たるつもりだ。ラインフォルトグループの協力により現在、史上最大の戦力が集まりつつある――――――少なくとも3ヶ月以内には全ての決着をつけることをお約束する!」

ヴァンダイク元帥の宣言に帝都の市民達は歓声を上げた。

「ここで全国民達に大本営で決定した事を発表する。メンフィル・クロスベル連合、そしてリベール王国を誅するための史上最大規模となる”征伐作戦”。”大地の竜(ヨルムンガンド作戦)”――――――それが来るXデイに始まる作戦名だ!」

そしてヴァンダイク元帥の横に控えていたオズボーン宰相が宣言すると帝都の市民達は再び歓声を上げた!

 

 

同日PM12:00――――――

 

~クロスベル帝国・帝都クロスベル・オルキスタワー屋上~

 

オズボーン宰相による”ヨルムンガンド作戦”の宣言から3時間後オルキスタワーの屋上にて背後に六銃士の面々やリセル、ユーディット、キュア、リウイとオーレリア将軍、ミルディーヌ公女を背後に控えさせたヴァイスは多くのマスコミ達を前に緊急会見を行っていた。

「――――――マスコミである諸君らの中には既に情報を手に入れている者達もいるかもしれないが、今この場を持って発表させてもらう。3時間前エレボニアの帝都にてオズボーン宰相によるメンフィル・クロスベル連合とリベールを征伐する為の”ヨルムンガンド作戦”とやらが発表されたとの事だが…………――――――クロスベルの民達よ、何も恐れる必要はない。”ヨルムンガンド作戦”宣言がされる以前にクロスベルの皆も知っての通り”クロスベル帝国”は新興の国家である我が国を真っ先に”国”として認め、盟を結んだメンフィル帝国と共にクロスベルに侵略しようとしたエレボニア帝国軍を殲滅したのだから、その時点でクロスベルはエレボニアと戦争状態に突入したようなものだ。むしろようやく我が国と開戦する事を決定したオズボーン宰相を始めとしたエレボニア帝国政府の判断の遅さに笑いたいくらいだ。」

不敵な笑みを浮かべて話をするヴァイスの様子をマスコミ達はカメラをフラッシュさせて写真を撮っていた。

「そして”ヨルムンガンド作戦”宣言の前日に起こったユーゲント皇帝銃撃事件が起こった地であるラクウェルに向かう前に、帝都の広場で行った演説にてメンフィル・クロスベル連合との戦争に向けて『国家総動員法』とやらを可決した事を宣言し、その宣言に対して帝都の民達の大半は賛成の様子を見せたとの事だが…………―――――俺達からすれば、その宣言はエレボニアが”自分達が追い詰められている立場である事”をエレボニアの民達どころか、世界各国に自白しているあまりにも愚かな宣言だ。」

「『国家総動員法』が”エレボニア自身が追い詰められている立場である事を自白している”とは一体どういう事なのでしょうか!?」

話を続けたヴァイスの宣言にマスコミ達がそれぞれ驚きの声を上げている中、マスコミの一人が挙手をしてヴァイスに訊ねた。

 

「『国家総動員法』とは先日ヘイムダルで発表された通り、国家の全ての人的・物的資源を政府が統制運用できる皆を規定した言葉通り”エレボニアという国の総力戦”を行う為の法であり、一見するとエレボニアの戦争相手である我らメンフィル・クロスベル連合を畏怖させるように見えるが…………――――――よく考えてみろ。エレボニアによる『国家総動員法』は”軍人”と違って大半が戦闘経験もないエレボニアの民達を臨時の兵士として徴兵し、内戦の影響であらゆる面で疲弊しているエレボニアの民達の財産まで徴収するんだぞ?短期間で徴兵した民達を”兵士”として教育した所で、せいぜいよくて帝国正規軍に所属したばかりの”新人”の軍人に育て上げるのが関の山で、短期間で熟練の軍人に育て上げる等常識的に考えて不可能だろうが。そんな新人ばかり――――――それもエレボニア帝国政府によって無理矢理徴兵された事で士気も正規軍程高くない連中が束になってかかってきた所で、メンフィル・クロスベル連合にとって脅威になると思うか?」

「た、確かに…………」

「しかし、クロスベル警備隊の上層部に着任してから僅かな期間でベルガード門の警備隊を二大猟兵団の片翼として恐れられている”赤い星座”の猟兵達やエレボニア帝国の正規軍の中でも精鋭で知られている”第四機甲師団”を圧倒できる程の軍人に育て上げたギュランドロス陛下達という”実例”もありますが…………」

ヴァイスの指摘に質問したマスコミが納得している中、別のマスコミがギュランドロスに視線を向けて質問をした。

「おいおい、オレサマ達”六銃士”を”常識”という枠に当てはめられると思っているのかよ?」

「そ、それは……………………」

(クスクス、”非常識の塊”であるギュランドロス様だからこその説得力よね♪)

(アハハ、何せギュランドロス様だものね♪)

(全く持ってその通りですね。)

心外そうな表情を浮かべたギュランドロスの指摘にマスコミ達がそれぞれ冷や汗をかいて表情を引き攣らせている中質問をしたマスコミは答えを濁し、暢気に笑っているルイーネとパティルナの小声の言葉に対してエルミナは呆れた表情で同意した。

 

「話を続けるが…………徴兵の件もそうだが、民達の財産を徴収し、更には内戦で荒れ果てた自国の領土の復興に充てるつもりだった税まで全て戦争に投入すれば、民達の生活は困窮する。そしてそれは戦争が長引けば長引く程、民達の政府に対する不満や不信感が強まり、最悪は民達による暴動が起こり、それが原因で『国家総動員法』を用いた”国”が自滅する可能性が高まる。それを防ぐ為にもエレボニアは”3ヶ月以内に全てを終わらせる”と宣言したのだから、エレボニア帝国政府は自分達は追い詰められた立場であり、1日でも早くメンフィル・クロスベル連合、そしてリベールとの決着をつける事に焦っている事を自白しているようなものだろう?――――――対して俺達クロスベル帝国はクロスベルの民達に『国家総動員法』のような法を強いた事があったか?せいぜいが”自分の意志でクロスベル帝国軍に入隊する”事を望んでいる”志願兵”を募るだけで、エレボニアのように徴兵したり、民達の財産を徴収するような事はしていないだろう?」

ヴァイスの演説に何の反論もないマスコミ達は黙って聞いたり、フラッシュをたいてヴァイスの写真を撮っていた。

「さて、鬱陶しい話題はこのくらいにして明るい話題に移らせる為にこの場でクロスベルにとって心強き仲間となる者達を紹介させてもらおう。まずは…………――――――ユーディット。」

「――――――はい。マスコミの方々やクロスベルの全国民の皆様方にはお初にお目にかかります。私の名はユーディット・ド・カイエン。エレボニア帝国貴族”四大名門”の一角――――――”カイエン公爵家”当主にして、貴族連合軍の”主宰”であったクロワール・ド・カイエン前公爵の長女にして、ヴァイスハイト陛下の第一側妃にして頂いた者です。」

ヴァイスに名指しされたユーディットは返事をした後ヴァイスの右に出て自己紹介をした。

 

「エ、エレボニアの大貴族である”四大名門”の一角――――――それも貴族連合軍のトップであったカイエン公のご息女がヴァイスハイト陛下の側妃に!?」

「ヴァイスハイト陛下!一体何故敵国の大貴族であるユーディット皇妃陛下を数多く存在していらっしゃるご自身の側妃に加える事になったのか、詳しい経緯をお願いします!」

ユーディットの自己紹介を聞いたマスコミ達が再び驚きの声をあげたり、信じられない表情でユーディットを見つめている中、グレイスは興味津々な様子でヴァイスに質問をした。

「すまないがその件について説明をすれば、今回の緊急会見の”本題”から逸れまくって予定している会見時間を大幅に遅らせる事になる為、後日ユーディットの件を詳しく説明する機会を設けるから、今はその件についての質問は”ノーコメント”にさせてもらう。」

「今は信じて頂く事は難しいかもしれませんが、私自身ヴァイスハイト陛下の第一側妃として――――――クロスベル帝国に所属する事を受け入れて頂いた事を光栄に思っている者の一人として、ヴァイスハイト陛下達と共にクロスベル帝国の未来をより良いものしたいと思っていますので、長い目で見て頂ければ幸いかと思っております。」

グレイスの質問に対してヴァイスが苦笑しながら答えるとユーディットが自分の意志をマスコミ達を通じてクロスベルの民達に伝えた。

 

「次にキュア嬢。」

「――――――はい。ユーディットの妹にして、次期カイエン公爵家当主に内定したキュア・ド・カイエンと申します。クロスベル帝国に所属する貴族として、そして大恩あるヴァイスハイト陛下の為にも姉共々クロスベル帝国の未来をより良いものにする所存ですので、今後ともよろしくお願いいたします。」

ヴァイスに名指しされたキュアは返事をした後ユーディットの横に出て上品に会釈をした後自己紹介をした。

「カ、カイエン公爵家の次期当主が”クロスベル帝国に所属する貴族”と宣言したという事は…………!?」

「ヴァイスハイト陛下!キュア公女殿下が仰ったように、カイエン公爵家は所属する国をエレボニア帝国からクロスベル帝国に変えたのでしょうか!?」

キュアの宣言を聞いてある事を察したマスコミの一部が驚いている中別のマスコミがヴァイスに訊ねた。

「ああ。それとその件についての説明も後日ユーディットの件に関する説明や質疑応答の際に答える為、今はユーディットの件同様カイエン公爵家に関する質疑応答も”ノーコメント”とさせてもらう。――――――最後にオーレリア将軍。」

「ハッ。――――――クロスベルの民達よ、お初にお目にかかる。我が名はオーレリア・ルグィン。生まれ変わった貴族連合軍の残党を率いる”将”だ。」

「オ、”オーレリア・ルグィン”って、まさか”黒旋風”と並ぶエレボニアの”領邦軍の英雄”と称えられている…………!?」

「お、”黄金の羅刹”…………!」

「ヴァイスハイト陛下、オーレリア将軍閣下!将軍閣下がこの場にいらっしゃるという事は、将軍閣下を含めたエレボニアの貴族連合軍までメンフィル・クロスベル連合に加わったのでしょうか!?」

ヴァイスに名指しされたオーレリア将軍が敬礼をして、ユーディットとは逆の位置であるヴァイスの左に出てきて自己紹介を行うとマスコミ達は再び驚きの声を上げたり、信じられない表情でオーレリア将軍を見つめたり、ヴァイスとオーレリア将軍に質問をしたりした。

「その通りだ。詳しい経緯は軍事機密に当たる為、説明は省かせてもらうが諸君らも知っての通り、貴族連合軍は内戦で敗戦した為、その残党であるオーレリア将軍達も風前の灯火のような状況であったが、残党となった後も抵抗を続けたオーレリア将軍達の力を惜しいと思った我らメンフィル・クロスベル連合がオーレリア将軍達と交渉した結果、オーレリア将軍達もメンフィル・クロスベル連合の”盟友”となった。」

「身内の恥を晒すようで恥ずかしい話になるが我らは”領邦軍”として”領邦軍の主”にして貴族連合軍の”主宰”であった前カイエン公――――――クロワール卿に従い、祖国に反逆をせざるを得なかった。そしてヴァイスハイト陛下が先程仰ったように、内戦で敗戦し、”主”を失った我らの未来は暗かったが、そんな我らの為に我らの新たなる”主”となる御方が立ち上がり、その御方が残党である我らの”総主宰”に就任し、その御方がヴァイスハイト陛下達メンフィル・クロスベル連合と交渉したお陰で、我らもメンフィル・クロスベル連合に加わる事を認めてもらえたのだ。」

「そのオーレリア将軍閣下達貴族連合軍の”総主宰”となった人物とは一体どのような人物なのでしょうか!?」

ヴァイスの後に説明したオーレリア将軍の説明を聞いたマスコミ達がそれぞれ驚いている中、グレイスがオーレリア将軍に質問した。するとミルディーヌ公女がオーレリア将軍の傍に出てきて軽く会釈をした後自己紹介をした。

 

「――――――お初にお目にかかります。先程将軍の説明にあった生まれ変わった貴族連合軍の残党――――――”ヴァイスラント決起軍”に名を改めた貴族連合軍の”総主宰”に就任した者にしてユーディットとキュアの従妹、そしてカイエン公爵家の公女の一人でもあるミルディーヌ・ユーゼリス・ド・カイエンと申します。以後お見知りおきを願います。」

「ユ、ユーディット皇妃陛下とキュア公女殿下の従妹であるミルディーヌ公女殿下が貴族連合軍――――――いや、ヴァイスラント決起軍”の”総主宰”…………!?」

「ミルディーヌ公女殿下!何故”ヴァイスラント決起軍”の”総主宰”に就任し、祖国であるエレボニア帝国と戦争状態に陥ったメンフィル・クロスベル連合と盟を結ばれたのでしょうか!?」

ミルディーヌ公女の自己紹介を聞いたマスコミ達が再び驚いている中、マスコミの一人がミルディーヌ公女に質問した。

「祖国であるエレボニア帝国を悪く言う事を心苦しく思っておりますが…………先日にエレボニア帝国で立て続けに起こった事件――――――”アルスター襲撃”、”ユーゲント皇帝銃撃事件”は私達独自が持つ情報網によってその二つの事件はエレボニア帝国政府がメンフィル・クロスベル連合、そしてリベールに押し付けた”冤罪”であると確信しています。そのような愚かな事を行ったオズボーン宰相を始めとしたエレボニア帝国政府の暴走をエレボニアを想う貴族として、そして民として止める為にもオーレリア将軍達と共にメンフィル・クロスベル連合に加えて頂く事を決意し、交渉の結果、メンフィル・クロスベル連合と盟を結んだのですわ。」

「ユ、”ユーゲント皇帝銃撃事件”どころか、”アルスター襲撃”までエレボニア帝国政府による”冤罪”ですって!?」

「もしそれが本当だとしたら、とんでもない事だぞ…………!?」

「リベールにとっても他人事ではないわ!――――――リベール通信です!ミルディーヌ公女殿下!”アルスター襲撃”を含めたエレボニア帝国が三国に対して開戦する切っ掛けとなった二つの大事件が”冤罪”であると確信した根拠や証拠等についての説明をお願いします!」

ミルディーヌ公女が口にした驚愕の事実にマスコミ達が驚いている中、血相を変えたリベール通信の記者がミルディーヌ公女に質問し、そしてミルディーヌ公女はその質問についての説明をした。

 

「――――――そういう訳ですので、私達”ヴァイスラント決起軍”はクロスベルを含めた他国の領土欲しさにそのような人道から外れた事を行い続けるエレボニア帝国を正す為にも…………そして内戦を引き起こしてエレボニアの民達を苦しめた元凶であるクロワール卿の親族としての”償い”をする為にも立ち上がり、祖国エレボニアに反旗を翻したのですわ。」

「じ、事情は理解できましたが、その結果公女殿下が大切に想うエレボニアが滅びる可能性があると理解されていて、メンフィル・クロスベル連合と盟を結ばれたのでしょうか?」

ミルディーヌ公女が説明を終えるとマスコミ達がそれぞれ驚きのあまり絶句している中逸早く立ち直ったグレイスが信じられない表情でミルディーヌ公女に質問をした。

「はい。ヴァイスハイト陛下達との交渉の際に幸いにも皇帝陛下を含めたアルノール皇家の方々の処遇を”敗戦国の皇族に対する処遇としては破格の待遇”にして頂く事を約束して頂けましたし、最悪エレボニア帝国が滅亡してもエレボニアの”誇り”を残す為にも、エレボニアの領土の一部をメンフィル帝国かクロスベル帝国、どちらかを”宗主国”とした”自治州”にする事を前向きに検討して頂いておりますわ。」

「い、今の公女殿下の話は本当なのでしょうか、ヴァイスハイト陛下!?」

ミルディーヌ公女が答えを口にすると、グレイスとは別のマスコミがヴァイスに問いかけた。

「ああ。皇帝に、そして国に反旗を翻してでも祖国を正そうとするミルディーヌ公女達の忠誠心やエレボニアの民達を想う心に評してそうする事を決めた。――――――逆に聞くが諸君らはミルディーヌ公女達の忠誠心やエレボニアの民達を想う心に対して無下にする事ができるか?」

「……………………」

マスコミの質問内容を肯定したヴァイスがマスコミ達に問いかけると、反論がないマスコミ達は黙り込んだ。

 

「リウイ皇帝陛下!確か貴国は貴族連合軍による”ユミル襲撃”の件でエレボニア帝国に宣戦布告したとの事ですが、その貴族連合軍がメンフィル・クロスベル連合に加わる事についてはどう思われているのでしょうか!?」

「………………エレボニア帝国との戦争後”ユミル襲撃”を指示した元凶共――――――既にエレボニア帝国に拘束されたカイエン・アルバレア両前公爵の身柄をメンフィル帝国に引き渡す件等を含めた様々な取り決めはミルディーヌ公女との交渉で話がついている。よって我らメンフィルはミルディーヌ公女達――――――”真にエレボニアを想う帝国貴族の誇り”を信じ、盟友となる事を受け入れた。」

別のマスコミはリウイに視線を向けて質問し、質問されたリウイは静かな表情で答えた。

「リベール通信です!ヴァイスハイト・リウイ両皇帝陛下に伺いたいのですが…………お二方もご存知のようにリベールも先程ミルディーヌ公女殿下が仰った”冤罪”の件で、エレボニア帝国と戦争勃発寸前の緊張状態に陥っていますが、両帝国はその件についてどういった対応をとるおつもりなのでしょうか!?」

「無論俺達クロスベルもそうだが、リベールと盟を結んでいるリウイ達メンフィルもそれぞれ恩があるリベールの窮地を見過ごすつもりはない。――――――その証拠にメンフィル・クロスベル連合は既にアリシア女王達にリベールもメンフィル・クロスベル連合に加わる事を提案する使者を送った。」

「という事は既にメンフィル・クロスベル連合はアリシア女王陛下――――――リベール王国にもメンフィル・クロスベル連合による”エレボニア帝国征伐”に加わる提案をされたのですか!?」

リベール通信の記者の質問に対して答えたヴァイスの答えにマスコミ達がそれぞれ血相を変えている中グレイスが質問をした。

 

「…………あくまで”提案の使者を送っただけ”で、その時点での回答をアリシア女王達に求めず、またアリシア女王達もその場では決めかねる事が厳しい内容だった為、まだリベールがメンフィル・クロスベル連合に加わった訳ではない。」

「マスコミの諸君やクロスベルの皆ならば誰もが知っている事柄だと思うが、アリシア女王はゼムリア大陸から”戦争”をなくす為に”クロスベル問題”の緩和も関係していた”不戦条約”を掲げた。そんなリベールが戦争に加わる事はすぐには決められない事は俺達も理解している。よって、例えリベールがメンフィル・クロスベル連合に加わらなくても国家間の関係に支障をきたすつもりはない上、万が一エレボニアがリベールに侵略しようとした際は”不戦条約”による”クロスベル問題”の緩和の恩を返す為にも、すぐに駆け付けてリベールに加勢してエレボニアを撃退する所存だ。」

「――――――当然メンフィルもゼムリア大陸に進出した際から世話になっている”盟友”を見捨てるつもりはない。エレボニアによるリベール侵略が発生した際はメンフィルもクロスベルと共にかけつけ、リベール軍と共に撃退するつもりだ。――――――そのことをアリシア女王やリベールの民達にも伝えるといい。」

「は、はい……………!」

ヴァイスと共に説明したリウイに促されたリベール通信の記者は緊張した様子で答えた。

 

「さて、これで緊急会見は終えようと思っているが…………その前に今回のユーディット達の紹介でクロスベル――――――いや、世界各国の皆も理解できただろう、オズボーン宰相達エレボニア帝国政府による『国家総動員法』は”最初から破綻している事に。”」

「ユーディット皇妃陛下達の紹介によって”国家総動員法が最初から破綻している”とは一体どういう事なのでしょうか?」

ヴァイスの宣言にマスコミ達が戸惑っている中、マスコミの一人が質問をした。

「フッ、『国家総動員法』の内容は先程も言ったように『国家の全ての人的・物的資源を政府が統制運用できる法律』だ。だが、その国家―――”エレボニアに所属しているユーディット達がこうしてメンフィル・クロスベル連合に加わった”以上、『エレボニア帝国政府は国家の全ての人的・物的資源を統制運用できる』と言えるのか?」

「あぁっ!?」

不敵な笑みを浮かべたヴァイスの宣言を聞いてヴァイスの言葉の意味を理解したマスコミ達はそれぞれ血相を変えたり、驚きの声を上げたりした。

「つまり、オズボーン宰相は”最初から破綻している国家総動員法の制定を宣言する”という自国の民達すらも騙す愚かな宣言を行ってしまったのだ。――――――そのような愚か者が舵を握っているエレボニアに既にエレボニアと並ぶ大国であったカルバードを降した我らメンフィル・クロスベル連合が敗北する道理はどこにもない!だからクロスベルの民達よ、安心するといい!我らメンフィル・クロスベル連合による”エレボニア帝国征伐の勝利は絶対である事”をこの場を持って約束する!それがメンフィル・クロスベル連合が決定したオズボーン宰相達現エレボニア帝国政府が牛耳るエレボニアを終わらせる為であり、西ゼムリアの動乱を終わらせる為でもある征伐作戦。――――――その名は”ラグナロク作戦”だ!!」

そしてヴァイスは堂々とした態度で宣言し、その様子をマスコミ達はフラッシュをたいて写真を撮っていた。

 

今回のヴァイス達による緊急会見によって、緊急会見の様子を市内の様々な場所に設置されていた臨時のモニターで見ていたクロスベルの民達の士気が向上する事に対して、エレボニア帝国出身の者達は動揺した。また…………後にヴァイス達の緊急会見によって判明した”アルスター襲撃”の真実がリベール王国にも伝わった事で、メンフィル・クロスベル連合に勝利する為だけに自国の民達を虐殺して、その罪をリベールに押し付けようとしたエレボニアの悪行に怒りを抱いたリベールの民達は、リベールまでエレボニアと戦争勃発寸前の状態に陥らせたメンフィル・クロスベル連合に恨むことはせず、エレボニアに怒りを抱いた事でメンフィル・クロスベル連合と協力してエレボニアを”征伐”する声が挙がり始め…………更に”アルスター襲撃”の真実を知った事でメンフィル・クロスベル連合による提案の件から増えつつあったメンフィル・クロスベル連合と共にエレボニアを”征伐”する意見を口にするリベール王国政府の関係者達が更に増えた事で、戦争を回避しようとするアリシア女王達は辛い判断をせざるを得ない状況になりつつあった――――――

 

 

 

 

更新がいつもより遅れてすいません(汗)消費税が上がる前にスイッチ買って、スマブラやファイアーエムブレムで遊んでいたので更新が遅れてしまいました(オイッ!)なので、しばらく更新のペースは遅いと思います。今後の灰の騎士の成り上がりの展開としては次回はロイド達の話にして、その次がリィン達になり、リィン達の話を終えた後Ⅶ組側の話に移る予定です。なお、Ⅶ組側の話の内容は本来新Ⅶ組が主役となる部分をトワ達Ⅶ組の先輩メンバー(ジョルジュ除く)に置き換えて閃4の第一部、断章の流れをほぼそのままにする形になると思います。なのでⅦ組側の話の方がリィン達の話よりも長編になる上、Ⅶ組編の話はⅦ組ではなくトワ達Ⅶ組の先輩メンバーが主役になるというおかしなことになりそうです(冷や汗)

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
4
2

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択