フリートークラウンジ

このスレッド内を検索:

『描きたい気持ち』についての相談です。

秋沢 摩知 10/06/01 18:33

掲示板では初めてになります。秋沢といいます。

 以前から『描きたい気持ち』はあるけど、机に向かうとどうにも本気で取り組めない日々が続いています。(練習はできるけど、本番の絵が描けない)
描きたいし、上手く描けそうな気もするし、アイデアもあるけど…。
また報われないんじゃないか、とか、見て貰えずに終わるだけだとか…。
でも今度はいけるはずだ!と思ったり、
でも流行りの絵じゃないし、
やっぱ見られずに終わるんだろうな~…とか。
だけどきっと次は…! なんて、ぐるぐる考えています。

 以前から「描いてて楽しい」と思ったことはあんまり無く、受験勉強でもやってるような感覚で描いてきましたが…(プロとして食べていきたかったので)。どうすれば楽しく描けるのかな~、と思い、スレッド立てさせていただきました。

 みなさんの描きたい理由や、僕に対する一喝など、よかったら教えてください。参考にさせていただきます。

[16]  うっちー  11/08/02 19:37

深く考えすぎですよ~
その時描きたい物を好きなように描く
これって絵描きの本懐だと思うんですよねぇ
プロだと好きなモノも描けないってのはあるけど
プロはプロで色々楽しい事がある、楽しまなくちゃ絵は描けませんってw
肩の力を抜いて気楽にお絵描きしましょ~

[19]  maki  11/08/02 23:31

秋沢さんの投稿を読んで、素直に思ったことを書きます。
少し厳しい言い方になっているかもしれませんので、読むかどうかはご自身で判断してください。
ムカついたら、「俺よりヘタクソなくせになめんな!」と言うことにしといてくださいw
秋沢さんの絵見ましたが、私はとても上手いと思いました。

さて

まず、あなたは絵を描くことが好きですか?

あなたの投稿を読んでいて
>以前から「描いてて楽しい」と思ったことはあんまり無く
という点が引っかかりました。

プロ志望か趣味かにかかわらず、絵を描く人はそれが「好きだから」しているのだと思います。
つまり、絵を書くという行為自体が楽しくてたまらない。
「絵を描くことが好きだから」「表現したいことがあるから」「自分の絵で人に感動を与えたいから」みんな絵を書くのだと思います。
「報われたい」「評価されたい」ということを一番の動機に描いている人はあまりいないと思いますし、そういう人は評価されない限り、絵を描くことが楽しくなる時は来ないのではないかと思います。
それは、あなたの書かれているとおりでしょう。

プロを目指しているから受験勉強のような気持ちで~と言うことですが、それは少し違うと思います。
例えば、プロサッカー選手はサッカーを仕事にしていますが、彼らはただ「評価されたくて」サッカーをやってきたのでしょうか。
違うでしょう。
多分、サッカーが大好きで、大好きなサッカーで食っていきたいから必死で練習して、それでプロになったのでしょう。
絵のプロだって、同じなのではないでしょうか

私なんかは、自分のイメージ通りの表現が出来た時なんかにひとり自画自賛してニマニマしてますよ。
昔の絵と見比べて、上達してることにひとり誇らしくなったりしていますよ。
絵を書く楽しさというのは、そういったところにあるのではないかと、私は思っています。
秋沢さんはどうですか?

最後に、もうどうせなので厳しいことを言ってしまうと、プロになりたいという方にとって、「本番の絵が描けない」というのは致命的です。
趣味で絵を書くなら落書きでも練習でも何でもいいでしょうが、プロに求められているのは「本番の絵」だけです。
一枚の絵を仕上げるのって大変だと、私も思います。
難しくて辛くてエネルギーがめちゃくちゃ必要です。
それでも、求められる「本番の絵」を描き続けるだけの、絵に対する「愛」がありますか?

[20]  eL  11/08/03 01:52

こんにちは。
私もちょっと前までは秋沢さんと同じような状況でした。
もちろん今でもプロを目指していますが。

今でも評価や見てもらうことは少なく、あまり偉そうな事は言えないですが・・・。
やっぱり向いてないのかなとか、才能のある人だけがなれるんだろうかとかいろいろ考えだしたらキリがないと思います。
また報われないのだろうかと思う気持ちも十分に分かります。
絵を描いてても苦痛しか感じない事も、モチベーションが上がらなくて辛いと思う事も分かります。

絵を描くモチベーションが上がらない時は、その絵のイメージにあった曲を聞いてみるのも一つの手だと思います。私はそうしてます。
評価ばかりを気にしてても、見る人は流行のアニメや漫画の二次創作をよく評価したりするので、あまり気にしない方がいいと思います。
そして自分の納得がいく絵に自信を持ってください。その自信は見る人を魅了する一つの要素です。
絵を描いてる時に、楽しくないと思えば、見る人にも伝わります。面白くないんです。魅了されないんです。絵にその描いていた時の心情が出るんですよ。
私は絵でどう人を魅了させるか考えて見ながら描いたり、自分がこれ良いじゃんと頭に浮かんだイメージをヘタとか気にせずに一気に描きあげます。
その間、ずっと楽しいんですよ。評価とか、結果とかを考えてないので。
評価されなくても、自分がいい出来だと思ったものは良い出来何です。
あとはあなたの努力次第ですね。

それと、絵を描き始める前に、評価の事とか考えてはいけません。ドツボにハマってしまいます。
描きたいと思ったときに描かなければ、楽しくもくそも無いんです。

最後に、私の絵を描きたい理由についてちょっと書かせていただきます。
私が絵を描く理由は、自分が綺麗だと思ったもの(イメージ)を人にも見せたいからです。
やはり頭の中で浮かんだイメージと言うのは、現実とは大分違うはずです。
自分の中にあるイメージはそのままでは他人の人には伝わらないんです。
自分が思い描いたものが綺麗であればある程、人にも見せたくなるんです。その時の気持ちを見せたくなるんです。
たとえ評価されなくても、自分には自分の、他人には他人の感性があるので、それはそれで仕方ないことだと、もう割り切っています。
ただ、見て、ちょっとだけでも心に残って綺麗だったなあとか、変な絵だったなあとか、ただそれだけで私は報われた気分になります。描いてて良かったと思えます。それだけの価値があるんです。
欲を言えば、もう一度見てみたくなるような絵だったなあと思ってもらうのが一番何ですけどね。

長くなりましてすいません。
秋沢さんも自分が絵を描く理由、評価されること以外で絶対に何かあるはずです。
それが分かれば、格段に絵を描くモチベーションが上がると思います。
それでは、これからもがんばってくださいね。応援してます。

[21]  秋沢 摩知  11/08/03 10:06

みなさんこんな1年も前のスレッドを見つけていただきまして、ありがとうございます。

お一人ずつ返信するのもちょっと難しいので、1年たった今の僕の現状を書くことで、みなさんへの返信とさせてください。


TINAMIへの投稿はしばらく滞ってはいますが、今でも僕は描き続けています。
もちろんまだまだ悩みは尽きませんが、ここまで6・7年やってきていまさら後戻りする訳にもいかないので、「行き着く所まで行ってみるか」といった心境で机にむかっているところです。

1年前の僕自身に向かって言ってやりたいことがあります。

「オマエは本当に、本気で作品に臨んでるか?」
「人の想像を超える努力をしてるのか?」
「100枚、200枚も作品を描いてないくせに、いちいち悩むな」

…1年たった今でも、僕はまだまだ目標とする絵描きさんたちには届かないです(具体的には田中久仁彦さんとか、碧風羽さんとかですね)。
まだまだ勉強していかなきゃですね。


ホームページでも書いてたと思いますが、現在もコンテストの応募や、雑誌の投稿をメインに、作品を描いてます。

おそらく絵の才能は少ない僕ですが、描くのが嫌いになっても辞めようという気持ちにはならないみたいです。

多分これからもつまづくでしょうが、それも自分の選んだことだと思って、進んでいくつもりです。


みなさんありがとうございます。 次の課題に向かいますね。

[22]  野垣スズメ  11/08/03 11:52

失礼します。
「100枚、200枚も作品を描いてないくせに、いちいち悩むな」
良いお言葉ですね!すぐ悶々とする自分もこの言葉を目印にしたいです。

大変かと思いますのでレスは不要です。

[23]  タモ☆りん二郎  11/08/06 21:38

秋沢さんの絵には評価されたいとか報われたいと言う気持ち以外の何かも感じますよ。
特に女性の絵なんかは優しさや美しさが良く伝わってきて、相沢さんはこういうところに美しさを感じて描いているんだなぁということがよく分かります。

評価とかは後から勝手に付いてくるでしょうし、報われるか報われないかはそこまで深刻に考えなくても良いと思います。
ただ、完成作品をより多く作っていったほうが報われる可能性は高いです。
なので完成させることをまず目標に枚数を重ねていくと良いと思います。

と言っても私も今まで作った作品はたかだか100枚前後ですからまだまだ理想の境地には程遠いです--;

[25]  unat  11/08/20 22:07

とにかく楽しめば良いんでないすか?
描きたいものを落書き程度に描いてみたりして気楽にやってみたらどうです?

[26]  遙乙霞凛  11/08/20 23:59

私は、書きたくないときは描かない様にしています・・・
違う事して んで、ふと、なんか 
かきたい!って思ったら机に向かって熱意をぶつけたりします

練習というか、落書きしまくって 
うまくかけたら 綺麗に線を直して
本番の絵として使ってみたらどうでしょうかー

流行りの絵とかにする必要ないと思います
いろんな年代の人いますから、
ターゲットを絞ったときに いくつくらいの年齢向けか、で絵柄を決めればいいですよ!

[29]  やゆっけ。  11/09/03 03:01

見てもらいたいっていう気持ちが強いのかもしれませんね。
仲間を見つけて一緒にお絵かきするといいのかも。

[30]  松田シン  11/09/03 22:28

わたしも同じ気持ちに何度もなりました。
うまく描けなかったり、きついことを言われたり、モチベーションはいろいろなことで上下します。自分で分かっていてもどうにもならないものです。

苦しい、でもうまくなりたい、と思うなら。それでも描くべきです。本番並みに主線や色を入れる必要はありません。スケブでも大学ノートでもいいですし、ラフでいいですから、今の自分の技量で納得できる絵になるまで描きまくります。

うまくいかない時は、画材を変えてみるのも手です。マンガの場合は限界がありますが、イラストの場合は画材の幅が広いので、タッチがガラリと変わり、新たな発見もあるでしょう。

絵で失った自信やモチベーションは、やはり絵で取り返すしかない、というのがわたしの実感です。ちょっとずつでもうまくなれば、それが自信につながって、落ち込むことも少なくなる、そんな気がします。

コメントを書く

ログインするとコメントを投稿できます