網状言論Fレポート

Pity,Sympathy,and People discussing Me


伊藤剛(漫画評論家) Go,ITO

1967 年名古屋市生まれ。漫画評論家、鉱物愛好家。名古屋大学理学部地球科学科卒。データ通信会社で勤務。浦沢直樹氏のアシスタント、まんが家などを経て現在にいたる。現在『ビジュアルコミックアンソロジーCOCO 』(エンターブレイン)に編集者として参加。『コミック・ファン』(雑草社)などに執筆。編著書に「東海鉱物採集ガイドブック』(七賢出版)、寄稿書に「萬有ビンボー漫画大全』(祥伝社)、『アストロ球団メモリアル』(太田出版)など。

1 )前提となる問題の整理

  • 東−斎藤の論点の齟齬
    表現の問題と主体の問題
  • 「萌え」概念の整理
  • 「萌え」を媒介する表現/対象 による区分
    図像萌え/位相萌え
    断片化された「人格のようなもの」に対する所有欲
    *以下、ほぼ図像で描かれたキャラクターについて論を進める
  • セクシャリティ/フェティッシュ/萌え/感情/感情移入 の 弁別の要
  • キャラクターは本質的に性差は描き得ない
  • 「萌え(図像)要素」は、任意のフェティッシュ/セクシャリテ ィと結びつきうる
    例)デブ専ゲイ萌えキャラ

2 )90 年代前半・エヴァンゲリオン前夜の気分

  • 「マンガがつまらなくなった」という言説−90 年代前半以降、 反復して語られた気分
  • 「物語の喪失」という紋切型と、マンガの「読み」の多様化
  • キャラクターに寄り添う、時間を共有するという「読み」の前 景化
  • 「キャラに萌えるのはダメな奴」 その表現が問題である筈なのに、それを受容し消費する者の 人格の問題であるとされるという短絡
  • いわゆるパロディ同人誌に対する、感情的な拒否反応
    −何にいらだつのか−

3 )テキストとキャラクターの関係

  • 80 年代以降のリミックスを成立させるもの
  • テキスト内のキャラ同一性と、テキスト間のキャラ同一性 →fig.2
  • テキスト内において、キャラの存在と時間的連続性は不可分
  • 時間的連続性というコンテクストの共有と、キャラの自律化

4 )『新世紀エヴァンゲリオン』が提示したもの

  • 人々の感情移入と萌え−ロックファンが大泣きする「エヴァ」
  • オタクの問題をどうみるか
    エヴァをオタクの閉鎖性の内破とみただけでは不十分
    社会的な自己イメージの先取りと、感情表現の抑圧こそが 真の問題
  • 碇シンジという「かわいそうなぼく」
    無垢なるもの−よい子、弱い子、純粋な子−「赤い鳥」児 童文学運動(1920 年代)との連続
    fig.2 テキスト内/テキスト間キャラ同一性 fig.1 フェティッシュ/萌え/感情移入

5 )戦闘美少女vs ピティ萌え

  • 「キュート、プリティ、ピティ」
    アメリカ人青年の萌えキャラ区別
  • ピティ萌え〜マルチ、ホシノルリ、綾波レイ〜
    「優しく抱きしめてあげたくなる」
    "abused,neglected,and suffering in her childhood"
  • けなげ、はかなげ、いたいけ
  • 「萌え(図像)要素」は、任意の感情移入要素と結びつきうる のか?
  • 無垢なるものふたたび
    ギャルゲー『Air 』
    マンガ『愛人【AI‐ REN 】』
    キャラ「偽春菜」同人誌群
    近年のギャルゲーにおける「泣き」の前景化と、「無垢」の前 景化
  • これらの魅力の因は、本当にトラウマなのか?
  • 「逆恨み」と、事後的な説明として動員される「トラウマ幻想」

6)「動物化」をいう困難

  • 動物化への抵抗
    萌えに固有の問題→恥という感情
    後から動員される「倫理」と、想像上の他者の視線に対する 怯え
  • 「萌えフォビア」に由来するシニシズム→オタク第一世代のオ タク密教の起源
  • なにが連続し、なにが切断されているのか

7 )でも、生きていたい

  • 大きな物語の喪失
    社会的認証の喪失、希薄化→コムニタス状況
  • 大人になる=自分になる という時代の困難 「子ども」の消滅? 新たな子ども観の必要
  • 内なる欲望というストレスにどう耐えるか

【参考資料】

  • 『愛人【AI‐ REN 】』1 巻〜3 巻,田中ユタカ,白泉社(とくに第2 巻あとがき)
  • 『「ごんぎつね」をめぐる謎子ども・文学・教科書』,府川源一 郎,教育出版,2000
  • 『子ども観の近代『赤い鳥』と「童心」の理想』,河原和枝 中 公新書,1998
footer
Home Home Back