No.990191

ドリフターズというのは・・・。について

H@さん

ドリフターズというのは・・・。について書きました。

文章訓練中です。><

2019-04-15 09:02:27 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:56   閲覧ユーザー数:56

ドリフターズというのは・・・。について書きます。

 

ドリフターズのことを簡単に分かりやすく説明すると、結局、主に医療関係のお仕事をしている人達のための喜びの会を生み出すシステムのカラクリを説明していて、その表現にやたら揶揄表現が多く、風刺的なイメージのお芝居づくりに励んでいるグループという感じをすごく強く受けますね。

 

医療関係全体を盛り上げるための喜びの会を生み出したい、応援したい、そのためにその喜びの会にふさわしいメンバーを選出する手助けをしているフリをしながら、実は最初からその状況を風刺して嘲笑して戒めて入る感じがすごく強く、その実態は、実はモラルを重視していて常に家庭的な状況になるように、促進している感じだと思います。

 

実は医療関係グループが自分に恨みがあるとしたらドリフターズの作品の内容の中にも原因があるんじゃないでしょうか??!

 

ドリフターズの代表人気番組の「8時だョ!全員集合」は私がまだすごく幼い自分のテレビ番組だったので、喜びの世界のことはもう結構良い年だし具体的にだいたいどういうものかよく分かりますが、その番組がやっている当時はまったく分かりませんでした。分かるわけないですよね。その当時はまだ幼児だったんですから。

 

ただそういう番組が流行っていてそういう番組の記録が未だしっかりと流れていて大量に流出しているところを見ると、キルビルの宣伝もそうだけど、未だその番組とか映画のメンバーとか元祖モデルは健在で、しかも未だに“何かに使える”とか“まだまだ使える”などと過剰に周囲から―もちろんテレビ番組関係とか映画関係のプロデューサーなどに―真剣に思われていて、大いに期待をされている状況である可能性が非常に高いと思うんです。

 

さらに、ドリフターズの代表人気番組の「8時だョ!全員集合」もそうだけど、そもそもドリフターズの全盛期はまだ私が本当に幼い時分だったので、どちらかというと、父親が女好きで、この番組が流行っている時期にも女遊びが激しくてしかもその上、医療関係の人物が遊び相手の中にいたので、そのことを医療関係者の偉い人達がずっと覚えていて憎々しいと思っているけど、父親本人に仕返しをすれば良いけど、ただそれだけだと何の楽しみも無く、またそうしてしまうと、自分も他人の子供と結局遊んだり恋愛して楽しみたいという気持ちもあるから、男同士はそ知らぬ顔で何でも許しあって、何かあったら悪い人物の女の家族の中で容姿やタイプが気に入った人を医療関係の喜びの会に提供しろってやりだしてそれが癖になっている状況なんじゃないかなと思います。

 

またそのことが楽しみの一種になったので、いつの間にか現在に至っては、うちの父親が医療関係の女性と交流していたり遊んでいても何も言わないし知らない顔をするのが当たり前になり、その代わり・・・という感じで当たり前のようにその父親の子供の中で一番好みの容姿の娘に付きまとっている、つまり最も悪いことをしている人物を攻めるのをやめてその代わりの償いとして当然のように娘に喜びの会の相手をさせようとその娘の男の家族が何をしようが知らぬ存ぜぬ状態なのでは・・・とふと思ったりしている今日この頃です。―つまりいつの間にか何年経っても当然のごとく(たとえば主に医療関係の人々などが)喜びの会のおかわりを請求するようになっているということでしょう―

 

―こういった場合、いつも当たり前のように狙われている娘には何の罪も無いと思うんですけどねぇ~~!最初の段階でその娘さんの男の家族に一言も注意ができなかった人々が一番悪いと思うんですよね・・・・―


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択