No.989539

ボウイナイフ

西部開拓時代に武器と作業用の道具として使われた大型のナイフです。
名前の由来は、アーカンソー州の開拓者「ジム・ボウイ」が、決闘や狩りに愛用していたことから「ボウイナイフ」と呼ばれるようになりました。

2019-04-08 12:00:51 投稿 / 全2ページ    総閲覧数:65   閲覧ユーザー数:65


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択