No.964150

人喰いザメと昼下がりの海!

オリジナル小説「少年の嵐!」の挿絵用に描いたものです。
ふざけて昼下がりの、海の防波堤に立つ大介と信男。人間の影に嗅ぎ付けてきたのか、大きな、アオザメがすぐ近くまで、落ちてくるのを待っているようです。身体を持ち上げられてパニックになる信男。上の鳥たちが、サメの餌食になった信男の肉片が飛び散ってくるのではないかと、はしゃいでいるかのような光景。真夏のぞっとするホラーの一場面です。

2018-08-19 01:50:58 投稿 / 2488×3509ピクセル

2018-08-19 01:50:58 投稿
総閲覧数:212 閲覧ユーザー数:206
2488×3509ピクセル

1
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択