No.959978

こんとん物語 31

スクジョさん

殺人ミステリー

2018-07-14 20:47:25 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:125   閲覧ユーザー数:125

 

殺人とは、その手を血に染めることだ。

すなわち、自らを地に落とす行為。と言えば分かりづらいが、地獄へ落とす行為と言えば分かるだろうか??

 

こんとんは殺人の重大性について理解していた。

月に数回、あまりにも広大な屋敷を掃除しているが、人間の内容に比べれば、その掃除にかかる手間は大したものでは無い。

 

人間の内容を掃除するには、人間の根本と自分の根本を理解する必要がある。

殺人は自らを汚す行為だが、その掃除は、頭が味わった事の無い感覚に襲われる事は間違い無い。

まともに掃除を体験した事がある人にだけ分かる感覚だ。

 

「私は殺人を許せないのではなく、その行為をする人を理解出来ないと理解しているから、理解せずに社会的抹殺つまり、殺人罪に落としこもうとするのです。」

 

「いきなり、どのような事をお話しするのでしょうか? こんとん様。」

 

「いえ、独り言です。それより、今の話理解出来ましたか? イザベル。」

 

「大方は。ただ、感覚的には理解しかねてございます。」

 

「もし、そうなのだとすれば、私が犯罪者的なのか、それともあなたが犯罪者的なのか。そのどちらかですね? イザベル?」

 

「何をおっしゃられるのでしょう? そして、何をおっしゃられたいのでしょうか?」

 

「その、あなたが犯人だと、言っているのです。イザベル。それは分かりますよね?」

 

(わたくし)がでございますか? それは誠に遺憾(いかん)なのでございますが・・・・?」

 

「それです。その感覚がもっとも理解出来ない。自分では処理出来ない掃除・・・つまり、殺人ですが、その掃除を押し付けられてなお、その余裕を持っていられる。それが絶対に理解出来ないのです。」

 

「私が理解されない人間だとおっしゃられたいのですか?・・・・そんな。」

 

「もし、犯人でないという事だったら、ごめんなさい・・・・。でも・・・・。」

 

「いえいえ、私が悪かったのです。あなた様のおっしゃられます”正論”に対しては私は反論する余地を持っていませんでしたのに、無理に反論して・・・・・。申し訳ございません。」

 

え、とこんとんの思考が止まる。

 

「私、生きて参りましたが、こんとん様ほど御聡明(そうめい)なお方はお会いした事はございませんでした。私、その、目を疑ってしまいました。私、会見を述べさせていただきますと、私の完敗でございます。」

 

えーと、とこんとんが脳をフル回転させる。つまり、これは自分が犯人だと言っているのではないだろうか?

しかし、口外にだ。

 

負けた。

 

こちらには証拠はゼロ、勘と確信つまり、気持ちだけしか無いのだ。

 

この時点では、完全に負け。

 

(たた)み掛けてどうにかなると思った私が愚かだったのだ。とこんとんは自戒する。

 

「すみません。現時点では何でもないのです。」

 

半分涙目になりながらもこんとんは(いきどお)りを(しず)める。

 

「そうでございましたか。」

 

 

 

二人きりになった電車の中での事だった。

 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択