No.924545

【サイバ】豊穣祭ただいま準備中(2)【交流】

Dr.Nさん

せっかくだから全員集合(中の人的な意味で。漏れてないよね?)。
せっかくだから【サイバ】豊穣祭タグを付けました。
最後はいつもの三人にしめていただきました。

恵比寿さま http://www.tinami.com/view/802253

続きを表示

2017-10-01 19:35:56 投稿 / 全6ページ    総閲覧数:416   閲覧ユーザー数:387

晴天おさかなセンター。

 

「お、また来たぞ! 今度はさっきのよりデカい!」

「またかよ鯛山!」

「手伝ってくれ金さん!」

「おう! 「せーのっ!!」」

 

ザバァ。

ピチピチピチピチピチ。

 

「こりゃ凄い!」

「さっきの1.5倍はあるな!」

雪天署。

 

<豊穣祭警備本部>の看板が掲げられた部屋で、各署より集まってきた代表者を前に話をする由布子署長。

 

「愛実さんはヘリボディで空から、エッジさんはちびっこふれあい広場で子供たちの相手をしながら不審者に目を光らせてね。あとのメンバーは、この警備計画表に従って、担当エリアの警備をお願い」

「「「「「「「「「「はいっ!」」」」」」」」」」

「それと佐和子さん」

「なんだよ?」

「くれぐれも人混みの中で銃をぶっ放したりしないようにね」

「…チッ」

「あたしはこの子供服姿でお祭り広場を回ります」

「由布子署長」

「何かしら蓮子さん?」

「私服警官もいいですが、ここはやはり警察官の制服を着た方が犯罪の抑止力になるのではないでしょうか」

「いいの! 制服姿じゃ屋台巡りなんて出来ないでsy…あわあわあわ;;;;」

「由布子署長…」

バニーカクタス。

 

「ノパー、お祭りに着ていく服の準備が出来たわよー」

「わーい、ありがとうお母さん! …ってなにこの服?」(-△ー)

「お祭りっぽくディアンドルだけど。ダメかしら?」

「こんなのやだー! 普通の服がいいー!」

「えーっ!? かわいいと思ったのになあ…」

アメリカ空軍基地。

 

「祭りか。どこの国でも祭りとはいいものだ。祭りは人々を笑顔にする」

「全くですなジェイド少佐」

「俺も久しぶりに行ってみるか」

「お供しますぞ少佐」

「いらん。一人で行く」

「えーっ、そんなあー」(;´Д`)

再び晴天おさかなセンター。

 

「ひいふうみい…釣りも釣ったり200匹か」

「まさに神ヅキだな。いくらあんたが釣りの神様だといっても程があるぞ。しかしこれだけの量どうするかね?」

「うむ。我々七福神で分けたとしてもとても食べきれんなあ。そうだ、いい考えがある! ──。なあ金さん?」

「そりゃいい!」

天空稲荷神社。

 

「えーっ、行きたい行きたい行きたーい!」

「そうよ! あたしたちもお祭り行きたいですお天さま!」

「ダメだ! 豊穣祭の日はこの神社にもたくさんの参拝客が来るんだよ。唯も和美も巫女やらないでどうするんだ!」

「「ぶー」」

「へっへっへー、二人ともせいぜい巫女の仕事がんばってなーw」

「なーんかムカつくんですけど雪歩ちゃん」

「そういう雪歩はどうするのよ?」

「俺はカメラマンだからな。ここ天空稲荷神社で写真を撮りまくるぜ。もちろん、屋台で食べ歩きをしながらなw」

「「ぶー!」」

 

『フィーアです! さて、本日の中継コーナーは、豊穣祭の準備に大わらわの晴天おさかなセンターにやってまいりました!』

 

「あ、テレビが」

 

『急遽ゲストにお越しいただきました。このお二人です!』

 

「おや、恵比寿に大黒じゃないか」

 

『みなさん、見て下さいこの鯛の山! 全部で、えーっと…』

『全部で200匹ですじゃ。さっきまで釣りをしておったんだけど、まあ釣れるわ釣れるわで』

『なるほど! しかし鯛が200匹とは凄いですね』

『うむ、実際わしも驚いとりますわい。そこでおさかなセンターの方々にもご協力いただきましてな、豊穣祭の日には、お祭りにいらっしゃった皆さんに鯛めしと鯛の味噌汁を無料で振る舞うことにいたしましたのじゃ』

『なんと! 鯛めしと鯛のお味噌汁の無料サービスですか!』

 

「ゴクリ…鯛めしと鯛の味噌汁…。行きたい行きたーい!」

「行きたーい!」

「ダメだって言ってるだろ!」

 

『天壱酒造さんのご協力で、振舞い酒も準備しますぞー』

『振舞い酒もあるそうですよ皆さん!』

 

「ゴクリ…振舞い酒」

「(あ!) もちろんお天さまはずっと天空稲荷神社(ここ)にいるのよねーw」

「当たり前でしょ唯ちゃん。祭神様が神社を離れるわけがないじゃないw」

「あー、コホン。まあ二人ともたまには息抜きもいいかもな」

「「やったあー!」」

「へっへっへ、鯛めしと鯛の味噌汁かあ。こりゃあ楽しみだぜ!」

「何言ってんの雪歩ちゃん」

「そうよ。あんたはずっと天空稲荷神社でカメラマンやるんでしょ?」

「そんなご無体なー!」

 

 

=END=

 

 

 


3
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
3
2

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択