No.895541

顔無し騎士アルカレス

昔々、ヴォルフェルニア王国での話である。
幼馴染の王女への強い想いから騎士になったアルカレスという男がいた。男は狂おしいほど王女に憧れており彼にとって王女とは世界の全てだった。
王女はとても臆病で戦争が嫌いだった。アルカレスにとって王女を悲しませるものは全て敵だった。
【彼女を悲しませるモノなどこの世のあってはならない!!】
アルカレスは戦争を終わらせるために王国に敵対するものを片っ端から叩き斬った。自らが傷ついても前進し王女のために壊して壊して破壊しつくした。

続きを表示

2017-03-02 13:05:39 投稿 / 1380×1600ピクセル

2017-03-02 13:05:39 投稿
総閲覧数:308 閲覧ユーザー数:304
1380×1600ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
5
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択