No.894879

夢喰い少女

これは朝露とともに消える恋物語。
昔々、人間の夢を食べる夢喰いの少女がおりました。
夢の世界に住む彼女はずっと独りぼっちでした。人の夢の中に出ても朝にはその夢を食べてしまうからです。
ある日、夢喰いの少女は恋をしました。
いつも同じ夢を見る寂しそうな横顔をした男に…

続きを表示

2017-02-25 10:26:38 投稿 / 1700×1098ピクセル

2017-02-25 10:26:38 投稿
総閲覧数:349 閲覧ユーザー数:333
1700×1098ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
14
6

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択