No.870220

神田川

哀調を帯びたバイオリンの音色から始まる有名なフォークソング、貧乏暮らしの中で男に寄りそう健気な彼女と凄まじくダメな男のコントラストが心に残る名曲です。   二人で行った銭湯、一緒に出ようと約束をしたにも関わらず長湯を楽しむダメ男。そして湯上りだったのにダメ男を待った為に体が冷え切ってしまった彼女を抱いた時に出た言葉が  「冷たいね」。  21世紀の現代ではその瞬間、ダメ男の股間に女の蹴りが入っています。それも踵で。

2016-09-20 19:34:47 投稿 / 1150×1100ピクセル

2016-09-20 19:34:47 投稿
総閲覧数:313 閲覧ユーザー数:311
1150×1100ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択