No.678210

真・恋姫なのは? 紫天降臨編 第三話

アサシンさん

巻き込まれて過去の海鳴へと飛ばされた少年少女よ

影より迫る者に気を付けよ

2014-04-12 13:46:20 投稿 / 全3ページ    総閲覧数:2388   閲覧ユーザー数:1898

 

 

 

 

 

 

 

 

一刀達がマテリアルズとこの世界のフローリアン姉妹たちと予定していた会談の場へと転移した頃

 

とある場所では

 

 

 

 

ヴィヴィオ「にゃぁあああああああああ!!?」

クリス「ッ!!?(←ものすごく慌てている)」

 

アインハルト「きゃぁあああああああああ!!?」

ティオ「にゃにゃにゃにゃぁ~!!?」

 

トーマ「ぎゃぁああああああああ!!?」

リリィ「きゃぁっ!!?」

 

銀十字「危険度SSSオーバー!即時撤退を!即時撤退を!?」

 

??「うふふ♪可愛い子達、まちなさ~い♡」

 

 

この世界に来てしまった十三年後のViVidに登場する今作では一刀の妹であるヴィヴィオと覇王の末裔アインハルト。そして十六年後からたForceの主人公トーマとリリィ達が女性に追いかけられていた

 

さて、どうしていきなり皆が一緒に行動しているとかの疑問は外史と言う事で納得して欲しい

 

問題はDSAAなどのルールや未来の八神はやて指令などのエース級魔導師達に指南してもらったこの人達が何故悲鳴を上げながら逃げているだ

 

その理由とは

 

 

 

アインハルト「ヴィヴィオさん!アノ追っ手の方とはお知り合いだったのでは!?」

 

ヴィヴィオ「知っているけど、この時代に居るなんて聞いて無いよ~(涙△目?!)」

 

 

 

聖王が知っている?この時代?

 

 

 

トーマ「何で俺達を追って来るんですか~!?」

 

 

??「アナタ達が逃げるからよ♪」

 

 

トーマ「だったらまず武器をこっちに向けないでください!恐いです!!」

 

 

??「アナタだって体中タトゥーだらけでデバイスやバリアジャケットも悪人みたいよ?」

 

 

リリィ「うっ、否定できないよトーマ」

 

トーマ「俺は見た目だけ!あの人はSっ気がある分余計に怖い!」

 

 

 

ヴィヴィオ「本当になんで十三年前に既に居るんですか・・・・京香さん!?」

 

京香「一刀くんに頼まれて、曰く『アサシンも言っていたが京香、出番が無いからって誰彼かまわず生首にするんじゃない!えっ?ハンターズ系に票が集まらなかったのが悪い?知るか!清き一票に文句付けるな!?とりあえず貴女だけ出していないのは俺もアサシンも悩んでいたから短いがこの外史で最初に登場してもらう・・・・・がっ!後々にまた癖で生首作られたらたまらないからちょっと頼み事ついでに保護対象と訓練と称した鬼ごっこしてストレス発散してくれ』って言われているから終わったらキチンと連れて行ってあ・げ・る♡」

 

 

ヴィヴィオ「お兄ちゃんのバカー!」

クリス「!っ(ぷんぷん!)」

 

アインハルト「義兄様の御バカ様ぁー!」

ティオ「にゃにゃー!」

 

トーマ「一刀さんの鬼ぃー!」

リリィ「悪魔ぁー!」

銀十字「種馬ぁ(#△#!)」

 

 

 

そう、ハンターズでも天地大乱編でも天軍割拠編でも登場していなかった三国のお母さま最後の一人桃香の母親。名を京香(きょうか)

 

作者のキャラクター把握能力の不足、キャラメイキングの限界からコメント欄で暴れ回っていた最後の恋姫

 

普段は温厚で優しい性格なのだが戦闘時やストレス、疲労などが限界を超えると・・・・

 

 

京香「どっせ~い!」ポイポイポイポイポイポイポイ

 

 

ヴィヴィオ「にゃ~!」

クリス「パタパタ!(あがいている)」

 

アインハルト「きゃ~!」

ティオ「にゃぁ~!」

 

トーマ「のわぁー!」

リリィ「きゃー!」

銀十字「姿勢制御不可!?」

 

 

 

 

ドッボ~ン♪×7

 

池などに人をぶん投げる♪wwww

お茶ではなく人をぶん投げてしまうのはアニメが影響している所為なのだろうか?

 

 

京香「ふぅ、スッキリしましたわ・・・・・回収しないとイケませんわね」

 

 

ストレスを発散できた後はこの通り穏やかな女性に戻るので御安心を

 

何を何処を安心しろと?by投げられた人達(例=桃香)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一刀達が転移した先は竹林に囲まれた武家屋敷だった。ちなみにここには一刀とクライド、プレシア・リニス・アリシア以外知らない

 

何故知らないのかって?秘密にしなければいけないことが多いのが理由ではない。もっと簡単な理由だ

 

・・・・・海鳴の四大女神様方が強襲(ストーキング)してくるからデスよ?

クライドは基本八神家に居るし月村の家にも遊びに行くから問題無い

 

問題は高町とテスタロッサ妹だ、アリサはたまに家に遊びに言ったりするので問題ないがあの二人はマジで押しかけて来る。深紅の石十個かけてもイイ

 

 

っと話を戻そう、現状俺達はお茶の間にて事の事情を説明している所だ

 

 

 

曰く、俺とクライドが平行世界でエルトリアに行きグランツ博士を治療出来ること

 

曰く、エグザミアが無くてもエルトリアも博士も救えると言う事

 

曰く、システムU-D(まだユーリの名前を知らない)は解放すれば自分の意識に関係なく暴走してしまうこと。自分自身を封印?忘却の彼方?エグザミアと自身を他者に知られないように全ての情報を消し去り眠っていた事

 

曰く、俺達はこの問題を解決できる・・・・と

 

 

 

 

 

まぁ此処に平行世界のグランツ博士とフローリアン姉妹は居るから皆俺達の話を信じてくれた・・・・シュテルの反応が少し気になるけど

 

今後の作戦は簡単に言えば

 

 

 

1、海上で結界を何重にも張って被害を防ぐ

2、俺とクライドで無双する

3、ユーリちゃんのエグザミアに負荷をかけて弱った所に原作通り王様たちがデータの上書きという名の攻撃を撃ち込んでもらう

4、クライドにさっき使ったものとは違う、本物の凍える世界「グラーシアス・ヘルズ・カントリー」の準備をしてもらう

5、マテリアルズ(シュテル)に紫天の書からユーリ(U-D)に関するデータ(情報)の検索およびウィルス的なその他諸々の作成をしてもらう

6、それまでの間、アースラ及び全魔導師達は闇の欠片より生まれた者達の討伐任務をせよ

 

 

以上、要するに準備が整うまで偽物を倒して経験値を稼ぎ。本番では俺とクライドが無双してユーリちゃんをフルボッコ♪、弱ったらディアーチェ達に留めを刺してもらう

 

 

・・・・・書いて見て何だが俺達の方が悪役だなby一刀

言い方というか書きかたが悪いからだよ兄さんbyクライド

 

 

 

こうしてシステムU-D救済作戦が始まった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・つづく?

 

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

 

どうもアサシンです

 

どうしてこうなった!?もう予定とは全く違う展開に発展しまくっています!もう最初からこの外史がこの先どのような物語に成るのか予測不可になりました・・・・・疲れたよ、パトラッsy。一刀「それは前回も使っただろう?」

 

そうでした、そして桃香の母親、京香さんに今回登場していただきました・・・・・これで彼女の被害者を減らすことができたでしょうか?

 

他の作品で恋姫の出番が有りましたらまた登場するかもですね

 

 

 

 

では次回予告へ

 

 

 

 

 

次回 真・恋姫なのは? 紫天降臨編 第四話

 

       全人類(モテない連合軍所属の男等)の敵だぁ!!・・・・・・アレ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

 


16
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
1
11
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択