No.338634

大嫌いな人

咲香さん

韓と日

2011-11-23 23:07:42 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:489   閲覧ユーザー数:485

「何故ですか?」

日本は首を傾げて韓国を見た。

「あなたは私が嫌いなのでしょう? それならば、近寄らなければいいだけのこと。なのに、何故」

いつも私に構うのか、と続けて、日本は韓国を見据えた。

「簡単なことなんだぜ」

韓国は日本の頬に手を添えて、ニヤリと口角を上げて見せた。

「遊んで遊んで、ぐちゃぐちゃにして、それから捨てるくらいには価値があるから、なんだぜ」

日本はなんの反応も返さなかった。

もう、いちいち傷つくような可愛げも持ち合わせていない。

「そうですか、では」

代わりに日本は、ニコリと微笑んだ。

あの大日本帝国時代を彷彿とさせるような笑みに、韓国は我知らず息を呑んだ。

「早く飽きて離れて頂けるよう、私も頑張りませんと」

韓国は時間が止まったように錯覚した。

永くて短い間、お互いの黒檀の瞳がまっすぐに絡み合う。

永遠にも思えるその時間は、韓国が無言で踵を返すことで終わった。

「あら。もうお帰りですか?」

なにも言わない韓国の背中に、日本は口角を上げて、柔らかな声音で紡いだ。

「一昨日、いらっしゃいませ」

韓国の背中を、ゾクリとなにかが駆け抜けた。

もう、どちらも声を出すことはしなかった。

ただ、二人の間を冬の冷たい風が落ち葉を纏わせて飛んでいった音が、妙に大きく聞こえた。


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択