No.114762

Immoralità

ゆふぃさん

自分の友人が突然殺されてから過去の自分を振り返っていく

2009-12-27 16:03:39 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:392   閲覧ユーザー数:390

 

それは唐突すぎる知らせだった。

「亜矢が殺された」

その一言はなんともショックで言葉出てこなくて、なんの感情さえ出てこないくらいに打ちのめした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクと亜矢と翔太は幼なじみだった。

家もお互い近くそれぞれの家にも遊びに行っていた。

けど、ボクは体が弱くなかなか寝込んでることが多かった。

 

小さい頃から上に二人いる姉たちの相手をしていた。

そこで姉のお古とか着ていたんだけど……なんかしっくり来る。

あれ、と思った時だった。

 

世間的にはボクは「女性」

そう、体は女性、でも心は……。

「男」

 

このあべこべな状態のままボクはいた。

「みのりぃ」

誰かが呼ぶ。

 

それはもういない人の声だった。

亜矢……どうして……。

 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択