No.1054417

【サイバ】モテモテめありん【交流】

Dr.Nさん

2021-02-14 18:05:17 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:121   閲覧ユーザー数:114

春の足音も聞こえ始めた2月下旬の天空稲荷神社。

 

めありん「わーい!」

篠崎「これめありん、そんなに走ったら転ぶで」

めありん「平気だよしーママw きゃあっ!?」

 

どてっ!

 

めありん「いたあーい。膝擦りむいちゃったあー」(つД`)

篠崎「ほら、だから言わんこっちゃない」

黄染「あなた大丈夫? 膝をこっちに向けて、ちょっとじっとしてて」

 

ほわ~ん。

 

黄染「はい、これでよしっと。今度は気を付けてね」

めありん「すごい、膝がなんともない! あっという間に治っちゃった! ありがとう召喚主(マスター)、さすが上級の魔法使いだわ!」

黄染「マスター?」

篠崎「うふふふふ、この方はマスターやないでw よう似てはるけどなw」

めありん「?」

黄染「あなたがマスターって言ってるのって、おれなって子のことじゃない?」

めありん「そうだけど」

篠崎「この方は黄染さま、この神社の境内社の祭神様や」

黄染「そ。おれなとは同一人物だけど別人なの。それにあの子は魔法使いじゃないわ。ま、無自覚で不思議な力を持ってるのは否定しないけどw」

めありん「???」

篠崎「まあすぐに理解しろって方が無理ゲーやな(^^; そのうちゆっくり説明してあげるわ」

黄染「噂には聞いてたけど、めありんがリアルワールドに出て来てしまったって本当だったんですねー」

篠崎「ええ。だからうちが休みの日に、こうやって天空市をあちこち案内してあげてますねん」

黄染「あらためまして、黄染です! よろしくねめありん!」(手を差し出す)

めありん「わたしはメアリー、通称めありんです! よろしくお願いします黄染さま!」(握手)

 

ドタドタドタドタ!

 

唯「えっ、めありんが来てるの!?」

和美「どこどこどこ!?」

雪歩「いたぜ、あそこだ!」

 

黄染「あ、唯ちゃんたち早速嗅ぎつけたみたいねw」

唯「エコね…」(´▽⊂)

和美「エコだわね…」(´▽⊂)

雪歩「エコだな…」(´▽⊂)

めありん「エコ?」

唯「ううん、なんでもないの;;;; はじめまして、あたし北城唯! ねえ、握手してもらってもいい、めありん?」

めありん「唯ちゃんね、もちろんいいわよ(^^)」(握手!)

唯「わあ、本物のめありんと握手してもらっちゃったあ!」(*^^*)

和美「あ、唯ちゃんだけずるい! あたしは今河和美! お友達になりましょ、めありん!」

雪歩「俺は今河雪歩ってんだ! 和美とは双子の姉妹。よろしくなめありん!」

めありん「和美ちゃんに雪歩ちゃんね、よろしく!(^^)」(握手×2)

和美&雪歩「「ほわ~ん」」(*^^*)(*^^*)

唯「めありんの手ってあったか~い」

和美「なんか普通のセリアンスロゥピィと変わらないわね」

篠崎「そりゃそうや。この前ティア先生に診てもろたら、普通のセリアンスロゥピィと何ら違うところはあらへんって言うてはったし」

唯「へえー」

和美「正真正銘、肉体を持ったってわけね」

めありん「しーママ、わたしここ気に入った! お友達もたくさん出来たし! またいつか来たい!」

篠崎「そうねえ、じゃあ桜まつりの時にまた来よか?」

めありん「桜まつり?」

篠崎「桜はアニメにも出てきたから知ってるな? 今はまだつぼみもついてへんけど、あとひと月もすればこの神社中の桜がいっぺんに咲いて、それはそれはきれいなんやで」

黄染「毎年その時期になると、桜まつりってお祭りをするの。屋台もたくさん並んで楽しいわよー」

めありん「わあ、楽しみー!」

唯「! ところでめありんの髪って、ツヤツヤでとってもきれいだわねー」

めありん「うふふふふ、そう?w」

唯「あたしみたいにもう少し濃い色に染めたら、もっとかわいくなるかも?」

めありん「唯ちゃんみたいな髪の色に?」

唯「うん!」

天洸「めありんの髪を自分と同じ色にしてどうするつもりだい唯?」(∩▽∩)

唯「ひゃーっ!?」

天洸「あたしは天洸。その…握手してくれるかい、めありん(照)」

めありん「もちろん喜んで!」

 

 

=END=

 

 

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択