No.1054359

ヘキサギア / "帝国筆頭旗手"セリグ

カッツンさん

名門貴族と愛人の子として生まれたセリグは、その出自により家を追われ孤独な幼少期を過ごした。
やがて帝国軍に入隊した彼は苛烈な戦いぶりで数々の首級を挙げ、選抜歩兵隊の一員として皇帝アーキテ・クトマンに拝謁する栄誉を賜る。
何か望みはないか…皇帝に問われたセリグは答えた。「我が父の首を」と。

2021-02-14 10:28:23 投稿 / 800×600ピクセル

2021-02-14 10:28:23 投稿
総閲覧数:194 閲覧ユーザー数:192
800×600ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
7
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択