No.1050565

千年虫さん

一輪の花が宇宙の片隅に咲いて、真っ暗な空間に色を添えていた。
花は何億年もの間、静かに浮かんでいた。
あるとき流星群が通り過ぎ、花をボロボロにして去って行った。
花はめしべに星のかけらを受け、種を作り銀河に撒き散らした。

2021-01-03 21:06:53 投稿 / 1378×1378ピクセル

2021-01-03 21:06:53 投稿
総閲覧数:84 閲覧ユーザー数:83
1378×1378ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
3
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択