No.1043586

小説「深海の天秤」一章 ファーストインパクトの挿絵⑥

神嘗 歪さん

弾かれたように顔を上げた小野塚。その大きく開いた口に、一口チョコがポンッと放り込まれた。放り込んだのは、もちろん落谷だ。

「モグッ…!」

 上質なミルクチョコレートの甘さが口いっぱいに広がる。そして落谷は気づいているか分からないが、放り込まれたさいに、小野塚の唇に落谷の長い指がかすった…。

続きを表示

2020-10-16 16:56:42 投稿 / 768×1024ピクセル

2020-10-16 16:56:42 投稿
総閲覧数:49 閲覧ユーザー数:49
768×1024ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択