No.1042599

オリジナル小説「深海の天秤」一章 ファーストインパクトの挿絵④

神嘗 歪さん

〈小説「深海の天秤」の文章〉

 テレビに映し出されたのは……夜、民家の玄関先のようだった。
 画面の中央には、家の前の道と玄関先との間ギリギリのスペースに停められた白のワンボックスがある。が、人など写っている様子はない。
 それも、駅の防犯カメラから比べるとその映像は荒く、始めてこの映像を目にする捜査官たちは「コレが、なんだっていうんだ?」と訝しげに目を凝らした。

続きを表示

2020-10-04 18:10:45 投稿 / 768×1024ピクセル

2020-10-04 18:10:45 投稿
総閲覧数:56 閲覧ユーザー数:56
768×1024ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択