No.1031479

時は静かで美しい,愛は言葉にならない

nickkh032さん

華の年も暮れて,君と同じ年になりたい。。 夕暮れの山林に帰り,原野をひっそりと静める。 風には生があるが,雨には注意が必要である。 雨が降り、風が吹き、雲がうすく、声がして、人の心は一つの山、二つの顔を見合わせ、一つの情があっても、人を埋葬することはできない。

冥冥无忌、暖茶一杯、書香を消して墨を飛ばして、少なくとも雲の夢は静まりかえって、まるで天のように、例えば昨日のように。 まるで隔世のようで,人の心を揺さぶる。 眸を越えて、灯火は万家に通じ、青一片の葉を探して、私の心は水のように柔らかで、古風の字の数行に任せて、つまんなくなって苦しみを味わい、一室一室に味をしめ、正しいも間違ってもなく、正しいも間違ってもなく、多言にはまだ多情が残っている。

香焚古鼎勝千言、それに任せる世事の愿いと違、濁り、私は自分の文は人のようで、文は刀のようで、字は心に入る。 蓮のように清く,水のように清く,争いもせず,花恥門を閉める。。 壮哉わが国,呼哉わが国,写意と写生と,私は華夏と五千年の古国文明史を堂々たるものとした!

続きを表示

2020-06-01 10:10:01 投稿 / 275×183ピクセル

 
2020-06-01 10:10:01 投稿
総閲覧数:23 閲覧ユーザー数:17
275×183ピクセル
 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
1
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択