No.1001614

【サイバ】お茶の時間 11【交流】

Dr.Nさん

      唯 https://www.tinami.com/view/742179
魔法ちょうちん https://www.tinami.com/view/738956
      愛 https://www.tinami.com/view/744298
   エリシア https://www.tinami.com/view/774824
    ミュア https://www.tinami.com/view/775189

続きを表示

2019-08-12 07:54:54 投稿 / 全2ページ    総閲覧数:88   閲覧ユーザー数:82

天空稲荷神社社務所。

魔法ちょうちんと巫女姿の唯。

 

「へい、イチゴとメロンのハーフ&ハーフかき氷お待ちっ!」

「(すまんな。やっぱ暑い日はこれに限るわ)」

 

シャクッ。

キーン!

 

「(かぁー、うんめー! 冷たい氷が五臓六腑に染み渡るぜ!)」

「オッサンか!」

「(オッサンですが何か?)」

「ちょw あ、ノパルス君から聞いたわよ。この前、慌てて逃げてきたんですって?」

「(まあな。もう少しのところでトゥーナが来て失敗さ。せっかくヒロインスーツまで用意してたってのによ)」

「用意してたんかい!」

「(俺は天空市戦士スカウトプロジェクト 女性の部プロジェクトリーダーだからな。普段から準備している)」

「はいはい。でも、魔法ちょうちんさんらしく純粋に不純な動機で安心したわ。もし本当にショタに目覚めたのだったら、あたし、魔法ちょうちんさんから距離を置くところだったわアッー!」

「(んなわけねえだろアッー! 俺を何だと思ってやがるんだアッー!)」

「まあ『YesロリータNoタッチ、ショタは最初からNo』が、魔法ちょうちんさんらしくて一番いいわよね」

「(そりゃどうもw)」

「あと、『デブは×0』って言葉知ってる?」

「(なんだそれは?)」

「とびっきりのケモ美少女がいたとするじゃない。魔法ちょうちんさん好みの」

「(うむ)」

「でも、体を見たら思いっくそデブだったら?」

「(あー。なかなか上手いこと言うなお前。『百日の説法屁一つ』ってやつか)」

「そういうことw」

 

『唯ー、ちょっと来てくれるー?』

 

「はーい、今行くー! あ、でも社務所番どうしよう」

「(行ってこい。しばらくの間、俺が詰めといてやろう)」

「でも配達はいいの?」

「(次の配達までにはまだ時間がある。かき氷のお礼さ)」

「そう? じゃあしばらくの間お願いね」

「「「こんにちはー!」」」

「(おや、エリシアにミュアにキャムじゃねえか。これはかわいいお客さんだ、よく来てくれたな!)」

「ちーっす!」

「(ちっ、お前もいたのかよ久司)」

「何だよその露骨な態度の変化は!」

「あたしたち、秋にライブやることになったんです!」

「それで、今日はその成功祈願のお参りにやってきたんです!」

「うん!」

「(それはそれは。必ず見に行くからな)」

「わあ、ありがとうございます!」

「(あそうそう、いつぞやの音楽戦士姿、とってもよかったぞ)」

「はいっ、あの衣装も着ますので見に来てください!」

「で、俺がそのライブでMCをやるってわけ。EMCeeのMC、なんつてwwww」

「(…。久司、お前そんなキャラクターだったっけ?)」

「悪かったなっ!」

「(まあともかく、四人とも暑い中よく来てくれた。かき…いや、冷たい飲み物を出してやろう)」

 

 

=END=

 

 

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
2

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択