フリートークラウンジ

このスレッド内を検索:

[2] kyrien 18/09/09 12:08

参加させてください。独り言になると思いますが。
しゅぴーれらいさんの思いに共感を覚えながらも、所々自分とはちょっと違うかなと思ったり…。

自分は完成させられない性質(たち)で、作品づくりは遅々として進みません。
なんか途中で嫌になってしまうんです。飽きてくるというか、見たくなくなる。
それも、ある程度わっと進むとなんか気分が良くなって、するとなぜかその後、もういいかなってなってくる。
多分、こだわればキリがないというのを経験から直感してるのかなと。無意識に近いですが。
それと、なんか時間を掛けるということに、恐怖のようなものを覚えます。
10年前は時間を忘れて没頭することが普通でしたが、なんか瞬発力ばかり気にするようになった気がします。
まあそれも体を壊している(心臓がちょっと…)のもあるかもしれません。
とにかく気が短くなったような気がします。

承認欲求というのは自分はあまり気にしてなくて、いや気にしないように調整しているというか、知り合いにメジャーでないバンドマンとか色々いますが、彼らのなかにも欲求不満のひととそうでないひとといます。
それを眺めていると、なんか、自分は認められたいのがメインじゃないなと思ってしまいます。

昔は個性のことばかり言ってました。それが猟奇でもいいとさえ言っていましたが、孤独とそれゆえの歪みと、そういうものを目の当たりにすると、どうも絵描き(にかぎらずですが)の個性を自己暗示するようなところは病的なんじゃないかと思うようになりました。
そもそも孤独から始まった自分のオエカキは、常にどこか、他人を敵視するような理由があったように思います。親の帰りを待ちながら描いてた幼少期を思い出すのです。家庭の不和、やりとりの断絶、友との不和、学校になじめなかったこと、学校とプライベートという乖離から、etc
思い出せば自分は自分のために絵を描いていたのです。それ以上でも以下でもなかった。
にもかかわらず、二十歳すぎてからの悩みは、自分の絵は自己完結している、でした。発表の場をもたず、描いては溜っていく紙屑。大学を中途で自主退学しニッチモサッチもいかなくなって引き籠っていた頃。
バイトをしなかったのも、お金が怖かったから。それは自分の思想や芸術的感覚をぶち壊すものだと強く思ってました。

ここまで書いてなんとなく自分でもなぜ途中で嫌になるのかわかってきた気がしますが、これからは、せっかく授かった能力を仕事にできるようにと、あーでもないこーでもないと、とにかくやってみようと思います。
人生初の完成品に辿りつくのかw

お目汚し、失礼しました。
しゅぴーれらいさんに平安がありますように。

[4] Jun Shiozawa 18/09/12 03:39

雇われ美容師をしています.
もう仕事のことで頭が一杯でなかなか作画練習にもプログラミングにも取りかかれないっス・・・
これも自分の言い訳ですね・・・
ホント恥ずかしいっス
疲れた・・・
リポビタンDとか飲んだら元気出るかな?

>私が情熱を失いかけている主な要因は、自らの承認欲求に負けるというか、自分の作品に関する数字に一喜一憂するのに嫌気がさしたことです。

承認欲求は程度の差こそあれ誰もが持っているものだと考えますしある程度は必要なものだと思います.
自分だって美容師として認めてもらいたい気持ちは当然ありますし美容師として認めてもらいたい気持ちを失ってしまったら給与の安い美容師なんてやめて他の仕事を探すべきだとすら思います.


>自作品に関する数字に一喜一憂してしまう割には、流行に乗って周囲に媚を売ったりしないプライドの高さだけがある、そんな自分を見るのが嫌です。

「アクトレイザー」などのクインテットは悲惨な結末を迎えましたが
「ガイア幻想紀」で萩尾望都先生を起用するあたり彼らが退社した日本ファルコムとの路線対立は明らかだったのでしょう.
「流行に乗って周囲に媚を売ったりしないプライドの高さ」に関しては
「クインテットを他山の石とせよ」としか申し上げられないです.

また,TINAMIのシステムであれば「マンガ」を前後編に分けて投稿して後編のみをお気に入り登録者限定公開にするなどの手法も使えるはずです.
もちろん前編での「つかみ」が前提ですが・・・

この辺も参考になるかも
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている ふろむだ ダイヤモンド社
https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AF%E3%80%81%E9%81%8B%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E5%AE%9F%E5%8A%9B%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E3%80%8C%E5%8B%98%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E5%8A%9B%E3%80%8D%E3%81%A7%E6%B1%BA%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-%E3%81%B5%E3%82%8D%E3%82%80%E3%81%A0/dp/4478106347

>潔癖症っぽいというか、意固地というか。
>彼はその後プロのイラストレーターになりましたが、現在は精神を病んで休職中です。

えーと,こういうのにはファイナルファンタジー7のクラウドくんみたいな野島一成的なアプローチではなく
月梨野ゆみ先生の「ぴよぴよ・クリニック」のアプローチが良いのではないかと.
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%B4%E3%82%88%E3%81%B4%E3%82%88%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%9C%88%E6%A2%A8%E9%87%8E-%E3%82%86%E3%81%BF/dp/4091355722/

野島も月梨野もテーマに主人公の精神疾患を扱い
まぁ野島も月梨野も同じことを述べているわけですが
盛り付け方が異なるっス.
重いテーマをシリアスに描く野島・坂口博信に対し
月梨野は重いテーマを軽快に描くっス.
こういうケースにおいては野島アプローチではシリアスすぎて処方箋にはならないっス.
主人公からやや距離をおいて主人公を見守る姿勢は野島・月梨野ともに共通しているっス.
「樹氷の街」か「『Coldplay』の『Paradise(ぞうさんのプロモムービー付き)』」あたりをBGMにして月梨野の「ぴよぴよ・クリニック」でも読みながら心のヒットポイントを回復するっス.
薬局サトミタダシの「きずぐすり」と「ほうぎょく」では回復できないぜ.

>むしろゲームのスコアアタックの成績が振るわないことへのいら立ちに近いという結論が出ました。

これはウソですね.

生活のかかっているプロゲーマーならともかくありえないです.

プロスポーツ選手が戦力外通知や引退におびえていらつくことはあると思います.生活がかかっているから.

自分だって美容師としてやっていけるか不安でいらつくことはあるのかもしれません.生活がかかっているから.

偉大な美容師ヴィダルサスーンだってカットした髪型・接客にお客様がNOなら失客するのです.

そういうシビアな世界で仕事をして生きている.

苦汁も不安も葛藤だってある.

その中でも自分の弱さを受け入れて努力をしていく.成長していく.

生活のかかっているプロゲーマーでもない限り「ゲームのスコアアタックの成績が振るわないことへのいら立ちに近い」なんて結論はありえない.

お認めになりたくないのならそれだってご自由です.

自分はギルティギアという対戦格闘ゲームをするのですが自分のアクセルロウは画面端フルボッコ状態ですよ・・・
それでも高田馬場ゲーセンミカドにいる人たちは「塩澤さんは格闘ゲームが下手くそだから出ていけ」とは言わないしね.

高田馬場ゲーセンミカドにいる人たちは,
「ミカド勢」は
それぞれの仕事に努力し疲れ,わずかに余った時間を心のヒットポイントを回復するために高田馬場で過ごすのですよ.
わかりますか.

>流行を研究してそれに乗って大衆に媚びることができるし

認識が甘いよ.実際にやってみろよ.

美容師はそれについて猛勉強する.

発言が軽率すぎる.

>バイトをしなかったのも、お金が怖かったから。それは自分の思想や芸術的感覚をぶち壊すものだと強く思ってました。


理解に苦しみます.あまり他人のことを偉そうには言えないけどさ,すげー言い訳.

たとえばおそらくTINAMI編集が重視する作家の人物像は「単に画力が良い人」ではないのだと思う.
画力については仕事で場数をこなすうちに身についていくものだから編集にとって作家の画力の弱さは短期的には大した問題ではないのかもしれない.
求められる作家の人物像は
(もちろん画が下手くそではまずいが)
納期を守る,社会人としてのまともなコミュニケーションができる人なのだと思う.

ギルティギアのコンボなBEATでフルボッコで俺のアクセルロウが画面端でピヨったら「ぴよぴよ・クリニック」で一時的な休息をとるのもよい.でも俺のアクセルロウは体力的に疲れてはいるけど決して情熱を失わない.

[6] Jun Shiozawa 18/09/18 19:45

何甘ったれたことぬかしてんの
仕事でくたくたになればなるほど
「ゲームのスコアアタックが原因でイライラしてモチベーション下げている奴」
「芸術的感覚のために『働いたら負け』タイプの奴」(過去形になってよかったね)
とかムカついてくるんだよ

作品づくりへの情熱を失いかけている方々のための掃き溜め

しゅぴーれらい 18/09/06 13:45

こちらのスレッドには、作品づくりに対してのモチベーションや情熱を失いかけている方に、それに関する独り言を書きこんでいただけたらと思います。

私の意図は二つあります。
私自身が情熱を失いかけているので、そういう人間が私一人ではないと思いたいのが一つ目。
二つ目は、情熱を失うにしても、その原因や過程は人によって様々であると思うので、それらを少しでも聞かせてもらえたら興味深いと考えたことです。

したがって、このスレッドは何らかの問題を解決する目的で立てられたわけではありません。

そのことを念頭に置きながら、書き込んでいきましょう。

[1]  しゅぴーれらい  18/09/06 15:53

まずは言いだしっぺから。

私が情熱を失いかけている主な要因は、自らの承認欲求に負けるというか、自分の作品に関する数字に一喜一憂するのに嫌気がさしたことです。

自作品に関する数字に一喜一憂してしまう割には、流行に乗って周囲に媚を売ったりしないプライドの高さだけがある、そんな自分を見るのが嫌です。

それに加え、作品づくりに関してそこかしこで偉そうなことを発言しておいて、その発言内容とは全くそぐわない行動をとっていたりする、自分の言行不一致も嫌いです。

こうして振り返ってみると、私は私自身がとても嫌いなようで、あの時こうすればよかったのにそうできなかった過去の自分も、そんな過去のことをいちいち引っ張り出してくる現在の自分も、これから何もかも忘れて同じ過ちを繰り返すであろう未来の自分も、全部ひっくるめて許せていないのです。

……話がそれました。

とはいえ、この自己評価の低さも情熱の消失に関与していると思われます。
自己評価が低いから、不特定多数に高く評価してもらおうとする。
しかし、それもかなわず(かなうわけない)、ふてくされる。
私の現状を整理すると、そういうことなのかもしれません。

ただ、まだ立ち直る可能性は潰えたわけではありません。
健全な自己肯定感を持つことができれば。
それに加え、評価は数ではないことを胸に刻むことができれば。
どちらも、難しい課題です。
この、「まだ可能性がある」というのが曲者なんですよね。
全く可能性がなければ、すっぱり切り捨てることがたやすいのに。

でも、おそらく私は「何が何でも、再び、いやそれ以上に楽しく筆を執りたい」と願っていて、だからこそ、絵を描くことを未だ切り捨てられずにいるだけなんでしょう。


どうも、長々と失礼しました。

[2]  kyrien  18/09/09 12:08

参加させてください。独り言になると思いますが。
しゅぴーれらいさんの思いに共感を覚えながらも、所々自分とはちょっと違うかなと思ったり…。

自分は完成させられない性質(たち)で、作品づくりは遅々として進みません。
なんか途中で嫌になってしまうんです。飽きてくるというか、見たくなくなる。
それも、ある程度わっと進むとなんか気分が良くなって、するとなぜかその後、もういいかなってなってくる。
多分、こだわればキリがないというのを経験から直感してるのかなと。無意識に近いですが。
それと、なんか時間を掛けるということに、恐怖のようなものを覚えます。
10年前は時間を忘れて没頭することが普通でしたが、なんか瞬発力ばかり気にするようになった気がします。
まあそれも体を壊している(心臓がちょっと…)のもあるかもしれません。
とにかく気が短くなったような気がします。

承認欲求というのは自分はあまり気にしてなくて、いや気にしないように調整しているというか、知り合いにメジャーでないバンドマンとか色々いますが、彼らのなかにも欲求不満のひととそうでないひとといます。
それを眺めていると、なんか、自分は認められたいのがメインじゃないなと思ってしまいます。

昔は個性のことばかり言ってました。それが猟奇でもいいとさえ言っていましたが、孤独とそれゆえの歪みと、そういうものを目の当たりにすると、どうも絵描き(にかぎらずですが)の個性を自己暗示するようなところは病的なんじゃないかと思うようになりました。
そもそも孤独から始まった自分のオエカキは、常にどこか、他人を敵視するような理由があったように思います。親の帰りを待ちながら描いてた幼少期を思い出すのです。家庭の不和、やりとりの断絶、友との不和、学校になじめなかったこと、学校とプライベートという乖離から、etc
思い出せば自分は自分のために絵を描いていたのです。それ以上でも以下でもなかった。
にもかかわらず、二十歳すぎてからの悩みは、自分の絵は自己完結している、でした。発表の場をもたず、描いては溜っていく紙屑。大学を中途で自主退学しニッチモサッチもいかなくなって引き籠っていた頃。
バイトをしなかったのも、お金が怖かったから。それは自分の思想や芸術的感覚をぶち壊すものだと強く思ってました。

ここまで書いてなんとなく自分でもなぜ途中で嫌になるのかわかってきた気がしますが、これからは、せっかく授かった能力を仕事にできるようにと、あーでもないこーでもないと、とにかくやってみようと思います。
人生初の完成品に辿りつくのかw

お目汚し、失礼しました。
しゅぴーれらいさんに平安がありますように。

[3]  しゅぴーれらい  18/09/10 19:45

>>2
なるほど、ありがとうございます。

私の方も、「私が抱えているそれは本当に承認欲求なのか?」と問い直したのですが、
その結果、むしろゲームのスコアアタックの成績が振るわないことへのいら立ちに近いという結論が出ました。

もし、絵を描くことをスコアアタックだと割り切れれば、流行を研究してそれに乗って大衆に媚びることができるし、
逆に自分自身のためだけに描いていると割り切れれば、ネット上での活動を完全に停止できると思うのですが、
私はそのどちらもできそうにありませんし、そうするメリットも感じないのです。

とはいえ、この現状をゲームに例えると、縛りプレイをしておいて対戦で勝てないことに不平不満を垂れているようなものですから、何かを変える必要があるのは明らかです。

それにしても、kyrienさんが過去に「個性」に固執していたり、発表する場を持たなかったり、お金を遠ざけていたという話を聞いて、私の古くからの知り合いに似ていたんだな、と思いました。
潔癖症っぽいというか、意固地というか。

彼はその後プロのイラストレーターになりましたが、現在は精神を病んで休職中です。

それはともかく、今は行動・完成・満足の三つのハードルを下げるのが大事だな、と思っています。
特に、満足のハードルを下げることとはすなわち感受性を高めることであり、難しいことだと思います。

では、このあたりで失礼します。

[4]  Jun Shiozawa  18/09/12 03:39

雇われ美容師をしています.
もう仕事のことで頭が一杯でなかなか作画練習にもプログラミングにも取りかかれないっス・・・
これも自分の言い訳ですね・・・
ホント恥ずかしいっス
疲れた・・・
リポビタンDとか飲んだら元気出るかな?

>私が情熱を失いかけている主な要因は、自らの承認欲求に負けるというか、自分の作品に関する数字に一喜一憂するのに嫌気がさしたことです。

承認欲求は程度の差こそあれ誰もが持っているものだと考えますしある程度は必要なものだと思います.
自分だって美容師として認めてもらいたい気持ちは当然ありますし美容師として認めてもらいたい気持ちを失ってしまったら給与の安い美容師なんてやめて他の仕事を探すべきだとすら思います.


>自作品に関する数字に一喜一憂してしまう割には、流行に乗って周囲に媚を売ったりしないプライドの高さだけがある、そんな自分を見るのが嫌です。

「アクトレイザー」などのクインテットは悲惨な結末を迎えましたが
「ガイア幻想紀」で萩尾望都先生を起用するあたり彼らが退社した日本ファルコムとの路線対立は明らかだったのでしょう.
「流行に乗って周囲に媚を売ったりしないプライドの高さ」に関しては
「クインテットを他山の石とせよ」としか申し上げられないです.

また,TINAMIのシステムであれば「マンガ」を前後編に分けて投稿して後編のみをお気に入り登録者限定公開にするなどの手法も使えるはずです.
もちろん前編での「つかみ」が前提ですが・・・

この辺も参考になるかも
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている ふろむだ ダイヤモンド社
https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AF%E3%80%81%E9%81%8B%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E5%AE%9F%E5%8A%9B%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E3%80%8C%E5%8B%98%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E5%8A%9B%E3%80%8D%E3%81%A7%E6%B1%BA%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-%E3%81%B5%E3%82%8D%E3%82%80%E3%81%A0/dp/4478106347

>潔癖症っぽいというか、意固地というか。
>彼はその後プロのイラストレーターになりましたが、現在は精神を病んで休職中です。

えーと,こういうのにはファイナルファンタジー7のクラウドくんみたいな野島一成的なアプローチではなく
月梨野ゆみ先生の「ぴよぴよ・クリニック」のアプローチが良いのではないかと.
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%B4%E3%82%88%E3%81%B4%E3%82%88%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%9C%88%E6%A2%A8%E9%87%8E-%E3%82%86%E3%81%BF/dp/4091355722/

野島も月梨野もテーマに主人公の精神疾患を扱い
まぁ野島も月梨野も同じことを述べているわけですが
盛り付け方が異なるっス.
重いテーマをシリアスに描く野島・坂口博信に対し
月梨野は重いテーマを軽快に描くっス.
こういうケースにおいては野島アプローチではシリアスすぎて処方箋にはならないっス.
主人公からやや距離をおいて主人公を見守る姿勢は野島・月梨野ともに共通しているっス.
「樹氷の街」か「『Coldplay』の『Paradise(ぞうさんのプロモムービー付き)』」あたりをBGMにして月梨野の「ぴよぴよ・クリニック」でも読みながら心のヒットポイントを回復するっス.
薬局サトミタダシの「きずぐすり」と「ほうぎょく」では回復できないぜ.

>むしろゲームのスコアアタックの成績が振るわないことへのいら立ちに近いという結論が出ました。

これはウソですね.

生活のかかっているプロゲーマーならともかくありえないです.

プロスポーツ選手が戦力外通知や引退におびえていらつくことはあると思います.生活がかかっているから.

自分だって美容師としてやっていけるか不安でいらつくことはあるのかもしれません.生活がかかっているから.

偉大な美容師ヴィダルサスーンだってカットした髪型・接客にお客様がNOなら失客するのです.

そういうシビアな世界で仕事をして生きている.

苦汁も不安も葛藤だってある.

その中でも自分の弱さを受け入れて努力をしていく.成長していく.

生活のかかっているプロゲーマーでもない限り「ゲームのスコアアタックの成績が振るわないことへのいら立ちに近い」なんて結論はありえない.

お認めになりたくないのならそれだってご自由です.

自分はギルティギアという対戦格闘ゲームをするのですが自分のアクセルロウは画面端フルボッコ状態ですよ・・・
それでも高田馬場ゲーセンミカドにいる人たちは「塩澤さんは格闘ゲームが下手くそだから出ていけ」とは言わないしね.

高田馬場ゲーセンミカドにいる人たちは,
「ミカド勢」は
それぞれの仕事に努力し疲れ,わずかに余った時間を心のヒットポイントを回復するために高田馬場で過ごすのですよ.
わかりますか.

>流行を研究してそれに乗って大衆に媚びることができるし

認識が甘いよ.実際にやってみろよ.

美容師はそれについて猛勉強する.

発言が軽率すぎる.

>バイトをしなかったのも、お金が怖かったから。それは自分の思想や芸術的感覚をぶち壊すものだと強く思ってました。


理解に苦しみます.あまり他人のことを偉そうには言えないけどさ,すげー言い訳.

たとえばおそらくTINAMI編集が重視する作家の人物像は「単に画力が良い人」ではないのだと思う.
画力については仕事で場数をこなすうちに身についていくものだから編集にとって作家の画力の弱さは短期的には大した問題ではないのかもしれない.
求められる作家の人物像は
(もちろん画が下手くそではまずいが)
納期を守る,社会人としてのまともなコミュニケーションができる人なのだと思う.

ギルティギアのコンボなBEATでフルボッコで俺のアクセルロウが画面端でピヨったら「ぴよぴよ・クリニック」で一時的な休息をとるのもよい.でも俺のアクセルロウは体力的に疲れてはいるけど決して情熱を失わない.

[5]  しゅぴーれらい  18/09/13 08:42

>>4
あなたの貴重な時間を割いてまでの貴重なご意見、ありがとうございます。

書きこまれた時刻から推測すると、理由はどうあれ、あなたは睡眠不足のいわゆる"深夜テンション"の状態であったと思います。

そうでなければ、他人がその人自身の状態について考えた結果を、あなたという部外者が「ウソ」「ありえない」などと全否定することへの説明がつきません。
しかも、「お認めになりたくないのならそれだってご自由です」という責任転嫁のオマケ付きときました。

生活が懸かっていようがなかろうが、本人が深刻に思う問題はそうであるままだし、そうでないものもそのままです。


あと、あなたは唐突にあなたなりのメンタル回復法を披露なさっていましたが、
私の「彼は(中略)精神を病んで休職中です」という発言の意図をご理解なさっているようには思えません。
この発言は>>2の方に向けて、『精神病には気をつけてね』ということを回りくどく伝えようとした結果です。
それ以上でも以下でもありません。

それに加え、あなたは>>2の方の発言にも反発なさっていましたが、その部分は"過去の話"です。
>>2の方が現在の心境に至るまでの途中で、そういう考えに支配されていた段階があった、それだけのことです。
誰だって、黒歴史、つまり触れられたくない過去を持っています。
あなたは、その傷口をえぐって塩を塗ったんですよ。

とはいえ、私の方もあなたの発言の意図をすべて読み取ることができたわけではありませんし、無自覚にあなたを傷つけてしまっているかもしれませんから、お互い様です。

あなたの発言には全体として腹が立ちましたが、いくつか有用そうな情報をご提示なさってくださった点に関しては、感謝いたしたいと思います。

最後になりましたが、睡眠不足は万病のもとですので、どうかご自愛ください。

では、このあたりで失礼いたします。

[6]  Jun Shiozawa  18/09/18 19:45

何甘ったれたことぬかしてんの
仕事でくたくたになればなるほど
「ゲームのスコアアタックが原因でイライラしてモチベーション下げている奴」
「芸術的感覚のために『働いたら負け』タイプの奴」(過去形になってよかったね)
とかムカついてくるんだよ

[7]  しゅぴーれらい  18/09/20 21:55

>>6
要約すると「くだらないことに拘泥する奴が気に食わない」ということでしょうか。
その場合、あなた自身もそうであることに気付くべきです。

こんなところで顔も知らないような人間相手に手前勝手な怒りをぶつけるなんて、なんともくだらないとは思いませんか?
恥を知ってください。

これは私の杞憂であるといいのですが、あなたの発言からは「仕事で苦労してるやつが偉い」という考えが透けて見える気がします。

まあ、私としましては頼んでもいないのに暇つぶし用のおもちゃが届いたような気分です。
このたとえでいうと、身に覚えのない小包を開梱するなんて、何と酔狂なことを私はしているのでしょう!


話のうまい着地のさせ方がわからないので、このあたりでぶつ切りにて失礼いたします。

最初 1 最後

コメントを書く

ログインするとコメントを投稿できます